1. TOP
  2. ペット
  3. 犬の認知症を予防する7つの対策~サプリメントで改善は可能なのか?

犬の認知症を予防する7つの対策~サプリメントで改善は可能なのか?

 2017/10/30 ペット
  3,134 Views

犬の認知症の正式名称は、『認知機能不全症候群』と呼ばれています。

人間と同じで、犬の認知症も老化により脳の機能が低下し引き起こされる症状です。

自分の愛犬の認知症を防ぐには、症状が出る前に予防することが一番重要と考えます。

そこで犬の認知症予防方法をご紹介したいと思います。

犬の認知症を予防する7つの対策とは

きゃー子
犬の年齢を人間に換算した時に、40歳でシニア犬・60歳で高齢犬に分類されます。

小型~中型犬だと6~7歳、大型犬だと5歳ぐらいでシニア犬になる計算になりますね。

シニア期に入る頃から犬の認知症予防はとても重要です。

そこで認知症を少しでも遅らせるために、簡単にできる7つの対策をご紹介したいと思います。

1.いつもの環境を少しだけ変えてみる

愛犬と戯れる女性

いつもの散歩コースを変えてみたり、歩くスピードに強弱をつけたりなど犬の認知症を予防する方法はまず些細な事から始めてみましょう。

お水の場所やケージの位置を少し変えるだけで、環境の変化を脳で考えます。

おもちゃなども、知育玩具などにすることで脳を鍛えることも出来ますね。

また風通しと良くして常に新鮮な空気を嗅がせたり、アロマなどでリラックスさせるのもおすすめです。

 

2.芸や言葉を覚えさせる

愛犬のグルーミングする女性
芸やしつけを覚えさせる定性年齢は生後6カ月~1歳半くらいの幼少期がベストだと言われています。

しかし海外では成人した保護犬に芸を教え里親を見つけ出したりと、成犬になっても芸や言葉を覚えさせることは可能です。

個体差はありますが、犬の認知症予防対策としてで重要なのは「新しい芸や聞きなれない言葉で犬の脳に刺激を与える」という事をして欲しいのです。

お互いに目を見て話しかけるだけ、「ご主人さまが何か言っている」と理解しようとしてくれます。

もし言葉に反応したり、覚えていたら思いっきり褒めてあげましょう。

 

3.スキンシップをとる

愛犬とスキンシップをとる少年
高齢犬になると認知症はもちろんですが、からだに痛みや違和感が出てくることも少なくありません。

からだを優しく撫でたり、マッサージをして疲れを癒したり、痛みのある部分を探し出してください。

触られることによって筋肉や脳など全身の神経が刺激され、血行も良くなります。

また触ることで安心も得られるので、愛情表現としてもとても重要です。

 

4.旅行など新しい場所に行く・初めての人や動物と触れ合う

犬と触れ合う子供

旅行など今までにない環境も、犬の認知症予防策として脳に良いとされています。

旅行が無理ならば、散歩で少し遠出したりドライブでも良いでしょう。

またドッグランやドッグカフェなど、新しい人や犬と触れ合うのも脳を刺激します。

中には多頭飼いで刺激を増やしたりする方もいるそうです。

 

5.日光浴をさせる

日光浴をしているキャバリア

1日15分程度で良いので日光浴をさせ認知症予防をしましょう。

お散歩に出かけられる犬はそれでもかまいませんが、ほとんど室内で過ごす犬は少しカーテンを開けたり、ケージを日当たりの良い場所に移動させましょう。

日光浴をすると体内時計のを正しく調節してくれるだけでなく、「セロトニン」という物質が分泌してくれます。

このセロトニンは、感情などのバランスを保ってくれたり、夜に眠れるように働きかけ安眠効果も期待できます。

また、免疫力を高めてくれるビタミンDを作ってくれるので、季節や気候を考慮したうえで日光浴をさせていきましょう。

 

6.抗酸化作用の高い食べ物を摂取する

抗酸化作用のある赤い食材

脳の老化の原因である、活性酸素を抑えるには抗酸化作用のある食べ物を摂取すると良いです。

主に抗酸化作用の高い食べ物は、犬の認知症予防で良いとされているビタミンEやビタミンCなどを含んでいる食材になります。

犬も食べられる食材だと、サーモン・キャベツ・ブロッコリー・人参・トマト・カボチャ・いちご・リンゴなどです。

このような魚や野菜などは、基本的に加熱して与えるようにして下さい。

 

7.オメガ3脂肪酸(DHA・EPA)を摂取する

コエンザイムQ10を多く含む

主に魚に多く含まれているDHA(ドコサヘキサエン酸)・EPA(エイコサペンタエン酸)をはじめとするオメガ3脂肪酸は、脳を活性化させる効果があります。

オメガ3脂肪酸には脳機能をサポートする働きがあり、犬の認知症の予防対策として注目されています。

これは体内で作り出すことが出来ない成分なので、積極的に摂取したい成分です。

DHAやEPAは主にイワシやサバなどの青魚に多く含まれてますが、生臭い為に犬が食べてくれないという場合も考えられます。

ですのでクセの少ないサーモンや、同じオメガ3脂肪酸のえごま油やアマニ油を使用すると良いでしょう。

 

犬の認知症の初期症状をチェック!どんな特徴があるの?

愛犬の異常行動が起きたら、認知症の初期症状をチェックしておく必要があります。

犬の認知症の初期症状をチェック
  • 鳴く・夜鳴き・無駄吠え
  • 徘徊
  • 寝ない・昼夜逆転
  • 決められた場所に排泄物をしない
  • 攻撃的になる
  • 食べない又は食欲が異常にある
  • 旋回運動
  • 震える

上記の犬の認知症の初期症状は一部です。

少しでもおかしいなと思ったら、かかりつけの病院か専門医に見てもらうことをお勧めします。

犬は人間よりも老化するスピードが早いので、重くなる前に早めの予防や対策が必要です。

 

犬の認知症の原因とは?

チワワとヨークシャーテリア

犬の認知症の原因
  • 単調な生活(同じ人・物・環境)
  • 運動不足
  • スキンシップ不足
  • 犬自身の老化による不安感
  • 活性酸素の増加

などこの他にも様々な原因・要因が主にこの5つが挙げられます。

犬の認知症の原因は環境・老化・精神面などから発症するのではないかと考えられています。

単調で毎日同じ生活をしていると、人間でも飽き飽きしてしまいますよね。

ましてや犬は飼い主の言われるがままに生活をするので、飼い主が積極的に新しいモノや事にチャレンジしない限りは単調で脳に刺激が行きません。

 

食事や散歩など日常で変化をつけようと思えばいくらでも出来るのです。

「これをすると面倒だから…」と、普段通りのリズムにしてしまいませんか?

年を取ると日常でも物忘れを引き起こしますので、脳に刺激のあることを少しずつ取り入れていきましょう。

 

また、老化による脳細胞の減少も大きな要因の一つになります。

老化自体は食い止めることはできませんが、食事や運動によって老化を遅らせることは十分可能です。

食事や適度な運動は活性酸素を減らすだけでなく、嗅覚や味覚・触感などの五感も刺激することが出来ます。

 

もう一つは、犬自身の精神面も関係しているのではないかと言われています。

犬は元々、群れで集団で生活する動物です。

一人になる時間が増えたり、スキンシップが取れていないと不安になってしまいます。

今まで屋外で飼っていたり、一人でお留守番が出来ていたのに異常行動を起こすのは精神的部分が大きいかもしれません。

 

またトイレを失敗したり芸なども出来なくなってしまうと、犬自身もどうしてできなくなったのかが理解出来ず不安になるともされています。

年を取り精神コントロールが取れなくなるのは、犬も人間も同じという事を理解しておきましょう。

 

認知症になりやすい犬種と年齢

日本犬

認知症になりやすい犬種は、一般的に日本犬が多いと言われています。

しかし洋犬もなりますし、今はペットの寿命も長くなってきているので、一概に日本犬だけがなりやすいとは言えません。

ただ日本犬は、古来からタンパク源に魚を摂取してきましたが、近年肉食中心の食生活へと大きく変化したからではないかと言われています。

日本犬の血を受け継いでいる、雑種犬やミックス犬も同様になりやすいともされています。

 

15歳を超える日本犬の約9割は認知症を発症しているそうです。

また神経質な犬ほど脳にストレスが溜まり、脳が老化が早いとも考えられます。

認知症を発症する年齢は、早くて大型犬で6歳~、小型犬で12歳~とされており、13歳辺りから診断されることが多いようです。

日本犬以外でも犬全体の、14歳以上で40%、16歳以上では60%の犬が認知症を発症すると言われています。

ですので8歳を過ぎた辺りで、予防をしていくことが必要というデータもあり、早めの対策をおすすめします。

 

認知症になった犬の余命・寿命は短いの?

認知症になった犬の余命や寿命は、一概に〇年と言い切れません。

認知症を発症した犬種や、始まる時期・環境などによって大きく異なるからです。

また「避妊去勢した犬のほうが平均寿命が長い」と言いますがこれは間違いで、実際には避妊手術をしたメス犬がそうでない犬と比べると約5年ほど長生きすると報告されています。

オス犬は去勢しても平均寿命は変わらないとされています。

 

他にも屋内飼育よりも屋外飼育の犬のほうが寿命が短いとされています。

それは屋外だと気温の変化や衛生的にも影響を受けやすい為です。

認知症になって寝た切りや食事や排せつが自力で出来ないとなると、そう長くはないと覚悟しておく準備が必要です。

 

愛犬が認知症になってしまった!治療と改善策

まずは病院で検査し診断してもらう

犬 病院 

まずは病院で獣医師に診てもらい、認知症かどうかを診断してもらいましょう。

異常行動が起きていても、素人目線で認知症と判断するのは危険です。

シニア犬や高齢犬になると、内臓疾患など他の原因で異常行動を起こしている可能性もありえます。

 

愛犬がどういった状況で行動を起こすのかをメモしたり、動画や写真に撮っておくと獣医師側も有効な判断材料になります。

認知症と診断されれば、今後のケア方法や適切な対処法もアドバイスしてくれるのでまずは相談してみて下さい。

 

犬の睡眠薬や安定剤で落ち着かせる

睡眠薬や安定剤で落ち着く犬

犬の睡眠薬や安定剤は市販で購入は出来ません。

動物病院だけ取り扱っているのですが、認知症や痴呆症の進行具合によって出されるようです。

厳密にいえば、睡眠薬ではなく睡眠導入剤になるのですが、使用しても初めは効いても後で効かなくなったり、肝臓に負担がかかったりと副作用も心配です。

ですので犬の認知症対策としては、サプリメントから始めてみるのが良いと思われます。

 

犬の認知症のサプリメントを使ってみる

認知症予防を手間なく簡単に済ますには、認知症の薬やサプリメントを活用するのもお勧めです。

薬に関しては獣医師からの診断のもと処方されますが、予防段階で薬を出すのはなかなか難しいと思います。

そこで口コミでも高評価の市販で購入出来るサプリメントをご紹介したいと思います。

認知症のサプリメント【メイベットDC】

メイベットDC

こちらは市販品ですが、病院でも取り扱っている「メイベットDC」です。

販売元は「明治製菓ファルマ株式会社」といって、お菓子で有名な明治製菓の製薬会社なので最低限の信頼性・安全性はありますね。

このメイベットDCは、顆粒タイプのサプリメントでフードにふりかけて与えるタイプになっています。

あくまでもサプリメントですので、効果効能は大きく期待できませんが、認知症になってしまった犬から予防対策まで利用できます。

良い口コミ

  • 徘徊が無くなった
  • 飼い主を理解するようになった
  • 夜鳴きが無くなった
  • 性格が穏やかになった
悪い口コミ

  • 魚臭いので食べてくれない
  • 3週間与えても効果がない
  • 軟便や下痢気味になった
  • 値段が高い

犬の認知症のサプリメントはほとんど種類がなく出回っていないのですが、メイベットDCは病院でも出されるので、購入している方が多かったですね。

夜鳴きがなくなったという口コミが多かったので、1箱試してみるのも悪くないと思います。

→amazonで【メイベットDC】を見てみる

→楽天で【メイベットDC】を見てみる

 

犬の認知症予防の食事

認知症になってしまっても進行を遅らせるために、認知症予防の食事を与えていきましょう。

「抗酸化作用の高い食品」+「オメガ3脂肪酸(DHA・EPA)の食品」を摂取することがポイントです。

いつものドグフードにトッピングして与えると良いのですが、仕事と家庭で忙しいい場合は、シニア犬用のドッグフードに切り替えるのも1つの手段です。

 

シニア用プレミアムドッグフード「ピッコロ」

お勧めは「ピッコロ」という、ペット先進国であるイギリス発祥のシニア犬専用のドッグフードになります。

愛犬家で知られるエリザベス女王からも表彰された、信頼あるフードです。

シニア犬に欠かせない低カロリー&高タンパク質はもちろん、グルコサミン・コンドロイチンなどの関節サポート成分も入っています。

またサーモンを26%も使用しており、認知症予防の効果のあるオメガ3脂肪酸と抗酸化作用のあるアスタキサンチンを同時に摂取できます。

 

この他にも原材料には、抗酸化作用のあるリンゴ・ホウレンソウ・クランベリーなども配合しており、まさに認知症対策として必要な栄養が詰まっています。

グレインフリー(穀物不使用)でもあるので、アレルギーのある犬でも安心して与えることが出来ますね。

 

 

 

介護が必要な認知症の犬もみてくれる老犬ホーム(一時預かり)

参照:老犬ホームトップ

全国には老犬ホームというシニア犬・高齢犬を介護してくれる施設があります。

犬が認知症になると、夜鳴きや徘徊で飼い主がノイローゼやうつ病になるというケースも少なくありません。

また仕事でほとんど家にいないとなると、介護が必要なってくると現実的に看てあげるのは不可能です。

そこで老犬ホームを利用するのもありだと思います。

施設によって料金以外にも、ケアの仕方や環境など様々ですので、きちんと調べておく必要があります。

 

認知症になった犬を安楽死させる

薬や注射

安楽死を選択するというのもありますが、これは簡単に選択してはいけない最終手段です。

動物病院でも安楽死を受け入れてくれる病院はそう多くはありません。

仮に安楽死を行う病院を見つけたとしても、条件に合った犬でなければ受け入れてくれませんし、認知症だからという理由では厳しいかもしれません。

保健所も対応してくれますが、飼い主都合の理由では受け入れを拒否されます。

犬を飼うというのは、責任をもって家族として最期まで看ることだと思うので、この選択をしないように最善を尽くしてあげたいものです。

 

まとめ

きゃー子
犬の認知症はなってしまうと、犬の負担もありますが飼い主さんの負担もかなり大きいようです。

犬の平均寿命がどんどん延びている中、シニア犬の認知症予防は欠かせないケアだと痛感しました。

 

犬を飼ってたくさんの笑顔が我が家に増えました。

家族が増えるとその分辛いことも多くなります。

しかし犬が飼い主に与えてくれた時間は、かけがえのないものです。

 

出来る限りの事をして、愛情をもって最期を見届けてあげるのが飼い主としての責任です。

犬が認知症になると、経済的にも精神的にも負担は増えますが、後悔する前に予防対策をしておくことが大切ですね。

 

私も愛犬の食事には特に気を付けています。

今はオメガ3脂肪酸入りや抗酸化作用のある食品を、原材料に使用しているプレミアムドッグフードも出てきていますよね。

もし安心安全で原材料もこだわっているドッグフードをお探しの方には参考になると思うので、良かったら覗いてみて下さいね。

 

 

 

 



\ SNSでシェアしよう! /

家族のミカタ|平凡な夫婦が日常の「どうして?」を考える雑記ブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

家族のミカタ|平凡な夫婦が日常の「どうして?」を考える雑記ブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

登場人物紹介 登場人物一覧

きゃー子

きゃー子

年齢:1986年生まれ 
職業:専業主婦   
性格:大らかで優しい。たまにポンコツ。愛犬をこよなく愛するアラサー。

◆資格◆
犬の管理栄養士(SAE)

この人が書いた記事  記事一覧

  • モグワンお試し100円モニターは代引き手数料かかる?購入者の回答

  • UMAKAドッグフードをお試し体験レビュー!評判の華味鳥100%の無添加ドッグフードを愛犬が食べた感想

  • ラブリコで棚をDIY|賃貸でも出来る2×4(ツーバイフォー)簡単アイデア活用術!

  • ラミューテは大人ニキビに効果的?口コミ通りか試した体験レビュー

合わせて読みたい関連記事

  • 生後7か月の子犬が元気なのに急にご飯を食べなくなった理由とは?

  • ブッチドッグフードの最安値は楽天?アマゾン?【トライアルをお試し体験】

  • 長崎伊王島に愛犬とコテージに泊まった体験談と感想~アイランドナガサキ・バークロッジにペット同伴で行ってみた

  • 犬が後ろ足を捻挫したかも!?慌てて病院に行って来た結果

  • 子犬がうんこを食べる原因とは?今日から出来る子犬の食糞対策6選

  • アーテミスのドッグフード「アガリクス」の最安値は楽天?アマゾン?【体験レビュー】