1. TOP
  2. 妊活
  3. 精子精液検査キット(家庭用)やってみた結果。費用や郵送、精度など解説

精子精液検査キット(家庭用)やってみた結果。費用や郵送、精度など解説

 2017/03/16 妊活
  28,704 Views
精子検査キット 
まさぽん

今回、生まれて初めて家庭用の精子検査(精液検査)キットを使って検査をやってみることにしました。

使ってみた検査キットはベビーライフ研究所が販売する家庭用の精子検査(精液検査)キットです(※検査はOESが行います)。

精子検査(精液検査)をやってみようと思ったきっかけは、嫁が不育症検査を今行っているからです。

不妊と違って不育の場合は、着床自体はしているので男性側よりも女性側に何かしらの原因があることが多いそうですが、とはいえ男性に問題がないとも限りません。

実際に不妊の原因の約48%は男性側に問題がある男性不妊であることがWHOの発表でわかっています。

ですので、少なくとも妊活中の夫婦であれば男性も一度、精子検査(精液検査)をやっておいても損はないかと思います。

精子や精液検査をやる方法は専門の病院で検査してもらうか、もしくは今回の僕がやったように検査キットを使って自宅でやる方法です。

採取方法はかなり簡単で専用の容器に射精して、封筒に入れて速達で郵送するだけ(送料は無料です)。たったそれだけで自分の精子や精液を家に居ながらチェックできます。

費用的には病院の方が安いのですが(保険適用のため)、検査キットも約3000円程度から出来ますから、まずは自宅で出来る手軽さを考えると検査キットでイイと思います。精度的には病院でやる検査よりも多少落ちますが、1次的にやる検査としては十分だと思います。

ということで、今回は生まれて初めての精子検査(精液検査)の体験談を書いてみたいと思います。

 

精子検査(精液検査)キットを実際に使った体験談

精子検査(精液検査)キット

では、実際に精子検査(精液検査)キットを使って検査して、結果が出るまでの手順を時系列的に書いていきます。

まず、精子検査(精液検査)キットを注文してから2日後にはキットが自宅に届きました。

当たり前ですが、外観からは全く何が梱包されているかはわからないようになっています。

精子検査キット 

中身は精子検査(精液検査)2回分の速達用の封筒と精子を採取する際に使うポリ容器が入っています。

⇒精子・精液検査の結果がすぐに知りたい方はコチラをクリック

⇒精子・精液検査をやってみたからこそわかるメリットとデメリットはコチラ

精子検査(精液検査)のルールとは?禁欲期間や精子採取の時間帯など

精子検査 ルール

実際に精子検査(精液検査)を行う前に禁欲期間や精液を採取する時間帯や採取後のポスト投函までにルールがあります。

僕が今回使った精子検査(精液検査)キットですと、

  • 前回射精から2日~7日間の範囲で精子を採取すること
  • 射精は必ずマスターベーションで行うこと
  • 精液採取は出来るだけ平日(月曜~木曜)の朝に行うこと
  • 精子採取後は出来る限り早くポストに投函すること

ということが書かれています。

禁欲期間については世界保健機関であるWHOのマニュアルで「2日(48時間)以上7日以内」と定まっているそうです。

WHOによると禁欲期間が10日以内ですと精子の運動率などにあまり変化はないそうですが、11日を超えてくると運動率の低下や精子の奇形数が上昇するそうです。

 

その他の「精子採取は平日朝に行う」というルールに関しては、検査機関の休業日や郵送の都合上、正確性を出すために平日朝のポスト投函をしてほしいということから来ているようです。

※金~日曜のポスト投函は禁止になっています。

ただ、会社勤めの場合なかなか平日の朝から精子を採取するというのも難しいですよね^^;

そういった際は夜に行って採取した精子を冷蔵庫に入れておいて翌朝にポスト投函してもOKだそうです。

折角、精子検査(精液検査)するわけですから出来る限り早くポスト投函したいものですね。

具体的な精子検査(精液検査)の手順。やってみるとかなり簡単

精子検査(精液検査)キット

具体的な精子検査(精液検査)の手順としては、

  1. 石鹸で手と性器を入念に洗う(細菌が紛れ込まない為)
  2. 専用の容器に精子採取する(出来るだけ奥に採取して容器の空気を抜く)
  3. 容器のジップをロックした後、シールで閉口箇所を閉じる
  4. さらに大きいポリ容器に精子を採取した容器を入れて二重にロックする
  5. 二重にロックしたポリ容器を三つ折りにして専用の速達封筒に入れる
  6. 出来る限り早くポストに投函する

という流れになります。

印象としては自分でやるセルフチェックの精子検査(精液検査)やスポイトを使って採取するような精子検査(精液検査)キットに比べて非常に簡単です。

強いて言えば精子を採取する専用の容器がやや小ぶりなので、ナニが大きい方はちょっと苦労するかもです^^;

精子検査(精液検査)

とはいえ、特に難しい手順はないので失敗するケースは少ないでしょう。

あとは、出来るだけ早くポストに投函しましょう。

精子検査(精液検査)キット

ただし、夜に精子採取した場合は一度冷蔵庫に保管して翌朝にポスト投函してください(集荷が夜はないため)。

ちなみにベビーライフ研究所の郵送精子検査(精液検査) 速達郵便は未達率も0%だそうです。また、到着までほとんどの精子が生存している状態らしい。

もちろん、ポストに投函するだけの状態ですので速達の郵便料金などはかかりません。

精子検査(精液検査)の結果。正常値や基準値って何?

精子検査(精液検査)キット 結果

精子検査(精液検査)キットの結果はポスト投函後、翌々日にメールにてPDF形式で送ってきてくれました。

上の画像は1回目に行った精子検査(精液検査)の結果です。

検査項目は「精液量」「精子濃度」「総精子数」「精子正常形態率」の4項目です。

本来は健康な精子を測るのに必要な「精子の運動率」というものや「精子生存率」といったものがあるのですが、それらは精子採取後1時間以内に検査する必要があるため、精子検査(精液検査)キットでは検査することが出来ません。

「基準値」とされているのは、「精液検査での最低限のレベル(これ以上はないと妊娠がむずかしい)」という値になります。

「P社での平均値」というのは今回行った精子検査(精液検査)を使ったユーザーの平均値という意味です。

検査結果にも書いてあるように、精子検査(精液検査)は体調などによって変動することがあるため最低でも2回以上の精子検査(精液検査)がおすすめされています。

ちなみに1回目の精子検査(精液検査)から1週間後に採取した僕の2回目の検査結果は、

精子検査(精液検査)

こんな感じでした。

2回目の方がやや数値は良いですが、概ね大きくは変わらないといった感じですね。

4項目とも基準値は大きく超えていますし、平均値と比べても「精子濃度」「総精子数」に関しては約2倍あります。

運動率など病院で検査しないとわからない部分もありますが、この数値でわかる範囲内では異常がないと言って良さそうです(´▽`)

精液検査の正常値というのはわかっていない

精液検査 正常値

WHO(世界保健機関)で定めている精液検査での基準値は、2010年度に公表されている数値で、

● 精液量:1.5ml以上
● 精子数:3900万以上
● 運動率:40パーセント以上
● 奇形率:96パーセント未満
● 精子濃度:1500万/ml以上
● 総運動精子数(総精子数×運動率):1560万以上一般社団法人 日本生殖医学会

ただし、実際には日本人の正確な精液検査の正常値(平均値)はわかっていません。

というのも、普通に妊娠して子供を授かった夫婦の男性は精液検査をすることがほぼあり得ないからです。

ですのであくまで基準値とは最低限の基準値ということであって、決して妊娠できないというわけではありません。

精子や精液を増やす方法とは?

精子 精液 増やす方法

仮に精液や精子が少なかった場合、心配になる男性の方も多いかと思います。

1番の解決方法は専門の病院に行って相談することですが、自分で精子や精液を増やす方法もあります。

まず知っておくべきこととしては精子を増やす事と精液を増やすことは必ずしもイコールしないということです。

精液とは精嚢液という液体と前立腺の分泌液から出来ています。その中に精子がいる割合はほんの数%程度です。

ですから、精液が多い、精液が濃いからといって精子が必ずしも多いとは限りません。

 

まず精子に関してですが、精子は活性酸素に弱いという研究での報告でわかっています。

ですので、精子にとっていい方法とはすなわち老化防止につながるような生活習慣であったり、抗酸化作用の強い成分を積極的に摂取することが求められます。

⇒精子の質と量を増やす方法についての詳細記事はコチラから

 

一方、精液を増やすために男性ホルモンであるテストステロンを増やすことがポイントです。

そのためには食生活や運動も大切ですが、特に気を付けるのがストレスです。

ストレスは最も男性ホルモンの低下を招くと言われています。

また、精液の原料の8割はアルギニンという成分で出来ていると言われています。

アルギニンはテストステロンを増やす働きだけでなく、NO(一酸化窒素)という勃起する際に必要な物質を増やす働きもある男性にとっては重要な成分なのです。

⇒アルギニンの男性にとって嬉しい効果についての詳細記事はコチラから

⇒精液を増やすおすすめのサプリメントについての詳細記事はコチラから

 

精子検査(精液検査)の方法は2つ。今回は手軽に自宅で出来る家庭用検査キットを利用

精子検査(精液検査) 方法

精子検査(精液検査)を受ける方法としては一般的に病院で検査する方法と、自宅で精子検査(精液検査)キットを使って検査する方法があります。

僕の場合は、今回は精子検査(精液検査)キットを使って検査する方法にしました。

理由としては、何となく女性が多い産婦人科に行って検査するというのがちょっと恥ずかしいというか抵抗があったからです^^;

正確性という点では病院で検査を受ける方が精度は高いのでしょうけど、看護師さんに案内されて小部屋で一人シコシコやるってのが「う~ん」という感じですよね。

しかも、最近では精子検査(精液検査)を郵送で行う方法も昔に比べるとだいぶ正確性が上がってきているようですし。

二度手間にはなりますが、今回の自宅で行う精子検査(精液検査)で何かしらの問題があってから、改めて病院で検査してもらうやり方でも良いかなと思っています。

 

意外と普通にネットで販売されている精子検査(精液検査)キット。その費用とは?

精子検査(精液検査)キット

今回、実際にやってみて初めて知ったのですが、思ったよりも手軽に精子検査(精液検査)キットは販売されています。

有名な精子検査(精液検査)キットでは、男性ならご存知の方も多い「TENGA(テンガ)」からスマホ専用の精子観察キットが販売されています。

TENGAの公式サイトの他にもAmazonや楽天でも取り扱いがあります。

価格も1500円程度とかなり格安です。

他にもスマホで手軽に出来る精子検査(精液検査)キットとして「Seem(シーム)」なども有名みたいです。

こちらは価格は7000円程度しますが、手軽に簡易検査が出来て何よりAmazonから購入できるというハードルの低さが最大のメリットでしょう。

とはいえ、実はこういったセルフチェックで行う精子検査(精液検査)キットはデメリットもあります。

というのも、自分でやるので手間がかかる上に失敗が非常に多いんですよね。

その他にもいくつか精子検査(精液検査)キットの販売をしているところはあるのですが、中には自分でスポイトで精子を摂って試験官に移し替えて・・・みたいな面倒くさい精子検査(精液検査)キットもあるようで^^;

 

個人的にはあまりお金はかけたくないけど、ある程度の正確性も欲しいし、面倒くさい方法や失敗したくないなぁという気持ちがありました。

ですので、精子専門の検査機関を使った精子検査(精液検査)キットを購入する方が断然おすすめです。

精子検査(精液検査)キット

僕が以前から飲んでいる男性用のサプリメントで「マイシード」というのがあるのですが、

マイシード 精子

その販売元であるベビーライフ研究所が行っている精子検査(精液検査)キットを使いました。

料金的にも1回のみの精子検査(精液検査)で2680円(税抜き※フォトなし)からと簡易的なスマホ用のセルフ精子検査のアプリに比べてもさほど値段も変わらないです。

ただ、精子検査(精液検査)は最低でも2回、出来れば3回程度やるのが正確性を出す上で望ましいということでしたので、僕は今回は2回検査キット(フォトあり)の8800円(税抜き)を購入してみることにしました。

 

 

ベビーライフ研究所の精子検査(精液検査)キットのクーポンとは?

ベビーライフ研究所の精子検査(精液検査)キットのクーポンについて質問を受けたので回答してみますね。

結論からいいますと、ベビーライフ研究所の精子検査(精液検査)キットのクーポンというものは存在しないようです。

ただ、上記で紹介した同じくベビーライフ研究所が販売している男性用妊活サプリの「マイシード」を購入する際に、一緒に精子検査(精液検査)キットをつけたスタートパックというコースがあるんですね。

このスタートパックであれば精子検査(精液検査)キットが通常の30%割引で購入することが出来ます。

クーポンはありませんが、安く購入するのであればマイシードと一緒に試してみるのがいいですね。

⇒マイシードを飲んでみた体験談の記事はコチラから

精子検査(精液検査)キットの精度ってどうなの?

精子検査(精液検査) 正確性

精子検査(精液検査)キットを使う場合に、1番気になるのは精度、正確性なのではないでしょうか。

病院と比較した場合、多少の精度、正確性が劣るのは致し方ないですよね。

病院だとその場で採取してもらえて通常30分~1時間程度で結果がわかるそうです。

 

それに比べると精子検査(精液検査)キットの場合はどうしても郵送で1日程度は検査までかかるので、その分の誤差は出るでしょう。

実際に僕が今回精子検査(精液検査)行ったキットの説明にも、

※1 精子正常形態率について:弊社の検査はWHOの基準に則って検査を進めております。 ただし、郵便を利用した簡易式の検査である性質上、検査の制約もございます。 郵送の間に多くの精子は活性を失い、一部の精子はその形態を変化させることがわかっております。弊社では、明らかな異常所見を示さない細胞を正常精子と考え、 予測正常形態率として報告させていただいております。そのため、病院における検査と比較した際に誤差が生じることが予測されます。弊社の検査を1次スクリーニングとして利用し、 詳しい検査は必ず病院で行っていただけるようお願い致します。 ベビーライフ研究所の郵送精子検査(精液検査)

異常所見がない精子を正常と捉える方法で、あくまで「予測」の数値であるという説明があります。

説明にもあるように1次的な検査と位置付けて、その検査結果に問題があるようであれば直接、専門の医療機関に行って検査をするとう考え方の方が良さそうですね。

病院で精子検査(精液検査)した場合の費用とは?保険は適用できる?

精子検査(精液検査) 病院

病院で精子検査(精液検査)を行った場合の費用は保険適用の範囲内であれば、数百円から1000円前後だそうです(初診料などは除く)。

基本的な項目(精子数や精子濃度など)の検査に関しては保険適用となります。

ただし、精子の数や濃度など基本的な項目以外の検査をする場合は、高いケースだと数万円かかることもあるそうです。


とはいえ、基本的な精子検査(精液検査)の項目だけだと、意外と費用が安いことは驚きですよね(*_*;

最寄りに専門の検査機関があって、病院で精子検査(精液検査)することに抵抗がなければ精子検査(精液検査)キットを使うよりも正確性でも値段でもメリットは大きいですね。

精子検査(精液検査)キットのメリット&デメリット。おすすめする男性とは

精子検査(精液検査) おすすめ

今回、精子検査(精液検査)キットを実際に使ってみてのメリットとしては、

  • 基本項目だけでも簡単に数値がわかる
  • セルフチェックの精子検査よりも手間がなく簡単
  • 自宅で出来て病院までいく抵抗感がない
  • 思ったよりも値段が安い(3000円程度)

といったところでしょうか。

とにかく簡単に自宅で出来るのが1番のメリットですね。

逆にデメリットとしては、

  • 検査結果が病院よりも正確性は劣る
  • 精子運動率など一部検査できない項目がある
  • 失敗する可能性もある(自分の採取ミス)

1番のデメリットは検査の精度が病院より劣ることや一部検査できない項目があることでしょう。

ですので、病院よりも精子検査(精液検査)キットをおすすめする人とは、

「とりあえず簡単でいいので自分の精精子検査(精液検査)をやってみたい」

「病院は抵抗があるので自宅で簡単にやってみたい」

という方向きですね。

基本項目以外に検査した方やより詳細さや正確性を求める方は病院で検査するほうが良いでしょう。

あくまで、1次的な検査という位置づけであって、もし何か所見に異常があれば病院で検査するという目的で使うとイイと思います。

 

まとめ~精子検査(精液検査)キットを使ってみた感想

まさぽん

生まれて初めての精子検査(精液検査)キットでしたが、想像よりも簡単で安価だったのに驚きました。

検査でわかる項目こそ多くはないですが、とりあえず自分の精子の状態を知る目的であればこれで十分だと思います。

個人的にも今回、数値が基準値を大きく超え、平均値よりも上だったのでとりあえずホッとしました^^

 

いかがでしたか?

実際に精子検査(精液検査)キットを使ってみると、想像以上に簡単で値段もさほど高くないのに少しビックリしました。

また、個人的にはスマホの精子セルフチェックアプリなどよりも手間がかからず失敗する確率も低いので、専門の精子検査機関で検査してもらうキットを使う方が断然おすすめです。

不妊治療をしているご夫婦の旦那さんのみならず、1度ご自身の精子の健康状態を知っておく事は有意義なことだと思います。

病院に行く手間や恥ずかしさもなく、最近では検査結果の制度も上がり値段も安いので1度興味がある方はやってみてください。

奥さんもきっと安心すると思いますよ^^



\ SNSでシェアしよう! /

家族のミカタ|平凡な夫婦が日常の「どうして?」を考える雑記ブログの注目記事を受け取ろう

精子検査キット 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

家族のミカタ|平凡な夫婦が日常の「どうして?」を考える雑記ブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

登場人物紹介 登場人物一覧

まさぽん

まさぽん

年齢:1977年生まれ
 職業:フリーランス
 性格:人に厳しく、自分に甘い。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 会社を当日に家庭の事情で休む理由15選~体調不良以外の急用でサボる!

  • 海に散骨する費用の平均相場は?自分でやるor代行業者に任せる場合

  • 風邪を引いている人にかける言葉10選~友達・彼氏彼女・目上の人別に紹介

  • 腸腰筋を寝ながらストレッチする方法3選~高齢者でも簡単ながらでOK

合わせて読みたい関連記事

  • パティ葉酸サプリをお試しで購入して徹底調査した感想まとめ

  • 初めての不育症検査に行ってきた。気になる費用や内容とは?

  • はぐくみ葉酸サプリは楽天で買うな!飲んでみた体験談と感想

  • 不育症検査その4~約2週間でTSHが正常値へ。婦人科の検査は終了

  • 日常生活で安く手軽に摂れる妊娠しやすくなる食べ物10選

  • やずやのレモン葉酸サプリを購入するならどこがお得?効果や感想まとめ