1. TOP
  2. 趣味・娯楽
  3. ラブリコで棚をDIY|賃貸でも出来る2×4(ツーバイフォー)簡単アイデア活用術!

ラブリコで棚をDIY|賃貸でも出来る2×4(ツーバイフォー)簡単アイデア活用術!

きゃー子
インスタで上手にDIYをする人を見かけます。

私もDIYには元々興味があったのですが、なんせ全くの素人で日曜大工さえもやったことのない初心者・・・

でも「ラブリコ」を使えば、初心者でも簡単にDIY出来ちゃうみたいなんです!

ラブリコを使った棚をこんな私にでも出来ちゃうことに感動したので、良かったらDIYの参考にしてみて下さい♪

DIYが好きな方はご存知かと思いますが、2×4材(ツーバイフォー)を使用した棚やラックなどとても注目されています。

特にラブリコやディアウォール、ウォリストなどの2×材リノベーションアイテムが普及しだしてから、誰でも簡単にDIYが可能となりました。

今回はグッドデザイン賞を受賞したオシャレなリノベーションアイテムの『ラブリコ』で実際に私がDIYした収納棚を紹介したいと思います。

 

初心者がラブリコでDIYをする際の手順

ラブリコと2×4(ツーバイフォー)でDIYした棚

今回ラブリコを使ってDIYした棚がこちら!

収納力たっぷりの棚が完成しました(^O^)/

ではどのような手順でDIYしていくのか紹介していきます。

  1. ラブリコ設置場所の寸法確認
  2. ラフデザイン
  3. 材料の買い出し

この3つの手順を踏んでおけば誰でも簡単にラブリコでDIYできちゃいます。

ラブリコを設置したい場所の寸法確認をする

メジャーで寸法確認
まず設置したい場所の寸法を確認していきます。

ラブリコでは天井につっぱるように設置するので、床から天井までを金尺できちんと採寸しましょう。

一度布製メジャーで測ったら3㎝も誤差が出てしまい、危うく2×4(ツーバイフォー)を間違ってカットするところでした(゚д゚)!

金尺は建築現場でも使用されおり正確に寸法確認できます。誤差が生じてしまう布製メジャーでは寸法確認はしないように気を付けましょう!

また天井まで手が届かないケースが多いと思うので、脚立やステップなども準備しておくとラブリコの組み立ての際も便利です。

ラフデザインでDIYの大まかな設計図を作る

ラブリコと2×4(ツーバイフォー)でDIYした棚のデザイン
ラブリコを使用して2×4(ツーバイフォー)で棚を作っていくわけですが、まずは大まかなデザインを決めたいと思います。

初心者が失敗しない為にも、いきなりホームセンターで買いに行って決めるのではなく、あらかじめデザインを決めて買い出しに行った方がスムーズです。

リビングの壁に大きめの収納力のある棚をDIYしていきたいので、幅100㎝・奥行き35㎝のデザインにしました。

棚は5枚で、上部には壁掛け時計や絵を飾れる枠を取り付けるイメージです。

ホームセンターなどでDIY材料の買い出し

ラブリコと2×4(ツーバイフォー)でDIYした棚の材料

まずは近くのホームセンターで、2×4(ツーバイフォー)や棚板、ビスなどを購入します。

2×4(ツーバイフォー)は天井までの高さから-95㎜でカットしてもらいました。

棚板の幅は100㎝を予定していましたが、結局91㎝の規格サイズがあったのでそちらに合わせることにしました。

棚板は91㎝×35㎝を4枚、一番上の棚板は段差を付けたかったので91㎝×25㎝を1枚を購入。

柱と棚板を留めるL字金具も棚板分の5セットを購入してます。

ラブリコ

ラブリコは3色(白・黒・グリーン)あり、白が完売していたので、通販で購入しました。

ホームセンターによっては木材カットや配送・軽トラックの貸し出しもあるので、事前に確認しておくとスムーズです。

また、2×4(ツーバイフォー)は持ち運びが容易ではないので、半分に切ってラブリコのジョイント具でつないだりするのも手ですが、その際はデザインを決める時に設定しておくと失敗せずに作れます。
→ラブリコのジョイント金具の通販【楽天】はコチラから

DIYの必需品であるドライバー・日曜大工用の手袋・ハンマーなども忘れずに準備しておきしょう。

お好みによって木材に色を塗ったり、壁紙シートなどで装飾してDIYをしてもOKです(^O^)

 

実際にラブリコで棚をDIYしてみた!

ラブリコを差し込んだ木材

まずは購入した2×4(ツーバイフォー)にラブリコをはめ込んで壁に設置していきます。

力を入れなくてもスッと差し込めるので、女性でも簡単です♪

ラブリコと2×4(ツーバイフォー)でDIYした棚

ラブリコを付けたら棚の柱になる2×4(ツーバイフォー)を設置します。

床と天井に設置する場所をマスキングテープなどで印をつけておくと便利です(*^^*)

ラブリコと2×4(ツーバイフォー)でDIYした棚

ラブリコの柱を設置したら、棚板を取り付けていきます。

私は先に棚板にL字金具を取り付けてから柱にビスで固定しました。

上から順に固定していきます。(棚を取り付ける順番はやりやすい方から取り付けて良いと思います。)

棚板を取り付ける際のワンポイントアドバイス
棚を取り付ける際のポイント

DIYをやってみた思ったのが、一人で棚板を取り付ける作業が意外と難しい(゚д゚)!

棚幅が長ければ長いほど水平になるように固定するのは至難の業です。

そこでこのように同じ長さに切ったヒモで棚板を浮かせた状態で、L字金具をビスで止めて固定していきます。

これならほとんど水平に棚板を設置できるので、初心者が一人でも簡単にDIY出来ます。

ラブリコDIYをオススメする3つの理由

ラブリコ

ポイント1 選ばれる理由その1:ラブリコの構造が賃貸に向いている

ラブリコの特徴として天井と床をつっぱり棒のように設置し、2×4(ツーバイフォー)自体にアレンジをしていきます。

そのため壁に傷を付けずにDIYを楽しめるので、賃貸物件にも用いやすい手法となります。

一人暮らしや子育て世帯など、狭小住宅で収納が少ない場合には非常に有効な収納スペースを作り出してくれます。

ポイント2選ばれる理由その2:ラブリコは初心者でも扱いやすい

ラブリコは微調整しやすいので、女性一人でも簡単に組み立てることが可能です。

また建築現場でも広く利用される2×4(ツーバイフォー)材は安価で、ホームセンターなどで簡単に手に入りやすいのも理由の1つとなっています。

簡易的な棚やラックなどは短時間でもDIY可能なので、初心者でも扱いやすく手軽にDIYが楽しめます。

ポイント3 選ばれる理由その3:ラブリコは応用しやすい

ラブリコと2×4(ツーバイフォー)で作る棚はアレンジが無限にあります!

住居環境に合わせて簡単にカスタム出来るのも人気の1つです。

収納棚・インテリア棚・ラックなども、ラブリコを設置すればどんなスペースにも応用可能と言えます。

SNSなどのラブリコ棚アイデア紹介

きゃー子
私もそうでしたが、実際に作ってみたくなったら、SNSでラブリコと2×4(ツーバイフォー)のアイデアを見て参考にしていきましょう。

ライフスタイルや自宅の間取りに合わせて自分好みの棚をDIYしちゃいましょう♪

私がSNSで参考になったラブリコの棚をDIYしたものをいくつか紹介していきたいと思います!

1棚の位置が自由自在!アジャスター付き収納棚


こちらのラブリコを使用した棚は、棚板を1つずつ固定するのではなく、2×4(ツーバイフォー)にアジャスターを付けて棚板の位置を自由に変えるようにしています。

アジャスタータイプの棚は、同じ位置に金具さえ取り付ければ、簡単に棚板の水平をとることが出来ます。

飾り棚などのインテリア棚として利用するなら、変幻自在のこのようなアジャスタータイプもおすすめです。

2有孔ボードで収納力UP!狭いスペースも有効活用できるラブリコ棚

sayaka. oさん(@yun_non_chi.o)がシェアした投稿


ラブリコを使用したこちらの棚は、有孔ボードを取り付け収納力をUPさせています。

フックを多数取り付けられるので、省スペースでの収納が可能になります。

下部には重量のある絵本や雑誌を取り付けたマガジンラック、サイドにはワイヤレス掃除機取り付けており、非常に合理的な収納アイデアですね。

3狭小住宅ならではの工夫を凝らした収納棚

Toma Campさん(@toma.camp)がシェアした投稿


こちらは玄関とキッチンをまたいで設置した工夫の凝らしたアイデア棚です。

意外と玄関はデッドスペースになっていることが多いのですが、このラブリコを使用した棚は靴・アウター・ヘルメットと、同線的にも無駄のない上手な配置になっています。

狭小住宅など収納スペースがない住宅にはマネしたいアイデアではないでしょうか。

4子育てママ必見の季節アイテムの大収納棚

@natsumi.t.eteがシェアした投稿


家族が増えると当然荷物も多くなり、手狭になってきます。

この収納は季節のアイテムを収納できる大容量の棚となっています。

ラブリコで2×4(ツーバイフォー)を4つ柱にし強度をUPさせ、大きめの荷物もすっぽり納めています。

めったに使用しないアイテムなどもコンパクトに収納しているアイデアです。

目隠ししたい場合はつっぱり棒でカーテンを設置してもいいですね。

5賃貸でもOK!ネコ大喜びのラブリコキャットタワー

monakaさん(@monaka0326)がシェアした投稿


最後に紹介するのは、ラブリコのキャットタワーです。

ネコブームで一人暮らしでも猫を飼っている方も多いと思います。

猫は高い場所を好むので、狭い住宅でもラブリコを使用すれば簡単にキャットタワーがDIY出来ちゃいます。

ステップを段違いに取り付ければ猫ちゃんものびのび運動でき、運動不足解消にも役立ちます。

知らなきゃ損!?ラブリコとディアウォールの特性について

ラブリコ

ラブリコとディアウォールはどっちが使いやすい?

ディアウォールとラブリコは、どちらも床と天井に木材を突っ張って固定するシステムのパーツです。

似たようなイメージでは、突っ張り棒がありますね。

突っ張り棒は水平ですが、ディアウォールとラブリコは、垂直に固定するのが特徴です。

ディアウォールとラブリコ共通で、上下で突っ張って固定するので、購入時には床や天井がどうなっているのか必ず確認しましょう。

使用は主にフローリングと平らな天井がある場所になります。

畳の床やカーペットが敷いてある場所では、動かないよう固定するなどそれぞれ事前の対策を行いましょう。滑り止めなどを使うと良いですね。

取り付ける木材の規格は共通してツーバイフォーになります。

厚みがすでに決まっており、必要な長さだけ分かれば良いので、木材選びは容易ですね。

その場合も、木の歪みだけは注意して選びましょう。

ワンバイフォーの規格でも使用可能ですが、ラブリコでは現在専用のパーツの取り扱いはないようです。

ラブリコとディアウォールとの大きな違い

ディアウォールとラブリコの大きな違いは、突っ張りの方法と強度の調整の仕方です。

ディアウォールは、付属のスペーサーをパッドに入れて調整を行います。

設置の際に高い場所でネジを締める必要などはありません。足踏みや脚立を使った危険な作業がないのは利点と言えます。

しかし、細かい調整を行うには一旦パッドを外して、スペーサーを入れる大掛かりな作業が必要になります。

これに対して、ラブリコは設置する時に上方のネジで調整を行います。

調整したいときには、柱を外さずネジだけで細かく調整が行える利点があります。

しかし、天井側のネジを締める必要がありますので、高い場所なら足踏み台や脚立を使うなど、危険に気を使う作業の必要が出てきます。

まとめ|ラブリコ×ツーバイフォーは可能性無限大の最強DIYだった

ラブリコと2×4(ツーバイフォー)でDIYした棚

きゃー子
ラブリコを使用すれば、初心者の私にも簡単に棚を作ることが出来ました!

賃貸でも設置可能で、ある程度の重さにも対応できたのでものすごく満足してます♪

DIYにハマりそう・・・(*’ω’*)

『ラブリコ』が人気理由は、デザインだけでなく使いやすさ・扱いやすさでした。

また今人気の2×木材を組み合わせることで、活用方法は無限大に広がります。

ラブリコは、2×4(ツーバイフォー)以外にも1×木材のアジャスターも取り扱っているので、自宅環境に合う木材で棚をDIYしてみてはいかがでしょうか。




\ SNSでシェアしよう! /

家族のミカタ|平凡な夫婦が日常の「どうして?」を考える雑記ブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

家族のミカタ|平凡な夫婦が日常の「どうして?」を考える雑記ブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

登場人物紹介 登場人物一覧

きゃー子

きゃー子

年齢:1986年生まれ 
職業:専業主婦   
性格:大らかで優しい。たまにポンコツ。愛犬をこよなく愛するアラサー。

◆資格◆
犬の管理栄養士(SAE)

この人が書いた記事  記事一覧

  • モグワンお試し100円モニターは代引き手数料かかる?購入者の回答

  • UMAKAドッグフードをお試し体験レビュー!評判の華味鳥100%の無添加ドッグフードを愛犬が食べた感想

  • ラブリコで棚をDIY|賃貸でも出来る2×4(ツーバイフォー)簡単アイデア活用術!

  • ラミューテは大人ニキビに効果的?口コミ通りか試した体験レビュー

合わせて読みたい関連記事

  • 男性が1人で簡単に出来るストレス解消方法まとめ~36選