1. TOP
  2. 健康
  3. モットンマットレスを腰痛持ちの俺が3ヵ月間試してみた結果【体験談】

モットンマットレスを腰痛持ちの俺が3ヵ月間試してみた結果【体験談】

モットンマットレス 体験談
まさぽん

「朝起きると腰が痛い」

「腰が痛くて長時間のデスクワークがしんどい」

「急に立ち上がると腰がグキッっとなりそうで怖い」

アナタはそんな腰の悩みはないですか?

 

僕は昔から体も硬い上に運動部にも入っていたので学生時代から腰痛持ちでした。

さらに社会人になってからデスクワークが多かったのでより慢性的に腰痛を起こすようになり、今でも腰の痛みがひどくなった時は月に何度か整体に通うほどです。

半ば腰痛は一生治らないだろうと諦めていたのですが、今回我が家でマットレスを交換することになったので、折角ならばと試しに腰痛対策で最近話題のマットレスを購入してみました!

長年腰痛に悩まされている方で寝具を変えてみようかなと思っている方の参考になれば幸いです。

 

目次をクリックすると読みたいところへページが飛びます

そもそもモットンマットレスを購入したきっかけとは?

モットンマットレス 購入

そもそもなぜ、今回腰痛対策のマットレスとして「モットン」を選んだのか?

 

事前に色々と調べていくうちに腰痛持ちの人は睡眠中の姿勢に問題があることが多いということがわかりました。

中でも腰痛持ちの人は決まって寝返りが少なく、自分の内臓が腰の周辺の筋肉を圧迫してしまって血行を悪くすることで腰痛を引き起こしてしまうそうなのです。

ですから、腰痛対策のマットレスとはイコール「寝返りが打ちやすいマットレス」であるといえます。

そして、「寝返りが打ちやすいマットレス」とは体が沈み込む低反発のマットレスではなく、沈み込んだところで身体を支える(すなわち体圧分散性のある)高反発マットレスがいいことがわかりました。

 

とはいえ、やはりマットレスは一回購入すると最低でも数年は使いたいものですから、買ってみたものの身体に合わなかったということは避けたいですよね。

そこで色々と高反発マットレスを調べたところ、値段も比較的手に入れやすく腰痛対策としての評判も良く、さらに返金保証がついている「モットンマットレス」を購入することに至ったのです。

 

実際に90日間(約3ヵ月)「モットンマットレス」を使ってみた腰痛効果は?

モットンマットレス 効果

「モットンマットレス」には90日間試した後に2週間の返金保証がついています。

ですので、購入した当初から僕自身としてはとりあえず90日間試してみてから、そのまま継続して使い続けるのか、もしくは申し訳ないけど返品して新しい高反発のマットレスを購入しようと決めていました。

では、実際に90日間(約3ヵ月)使ってみた僕の感想を正直にまとめてみましたので、ご覧ください。

 

1ヶ月目~まさかの「むしろ腰痛が悪くなる」という展開

「寝てみたらどんな感じなんだろう」そんなワクワクしながら「モットンマットレス」を使ってみた初日ですが、朝起きるとむしろ腰が痛くなっていましたΣ(゚д゚lll)

さらに2日目も3日目も同様に朝起きると腰が痛い。

夜中も寝返り中に腰が気になった起きることもありました。

それから2週間くらいは毎日、むしろ腰の調子が悪かったです。

 

この時、「もしまだ腰が痛くなるようなら以前のマットレスに戻そう。そして返品しよう」と思ってました。

ただ一応、モットンの説明によると「新しいマットレスを使い始めた当初は、それまで姿勢が悪く寝てしまって固まった筋肉を元に戻そうとする為に腰が痛く感じる人がいる」らしいです。

とりあえず様子見ですね。

 

2ヶ月目~腰の痛みはなくなったが可もなく不可もなく

「モットンマットレス」を使い始めて逆に痛くなっていた腰も2ヶ月目に入る頃にはだんだんと体も慣れてきたのか朝起きて腰が痛くなることはなくなりました。

とはいえ、腰の調子が良くなったかとういと、そういうわけでもなく「モットンマットレス」を使い始める前の状態に戻ったという感覚ですね。

とりあえず腰が悪化せずに一安心しました。

 

ちなみに一緒に寝ている嫁は使い始めの初日から2ヶ月経った今でも全く腰の痛みを感じたことはないそうです。

元々、腰痛持ちでない人はよくも悪くもあまり変化ないようですね^^;

 

3ヵ月目~劇的な変化はないが、結果として・・・

そして、返品するかどうかを決める3ヵ月目。

この頃はマットレスが原因で腰が痛くなるようなことはなく、全く気にせずに眠れていました。

僕は女性の生理のように(例えがイマイチで申し訳ないですm(__)m)月に定期的に腰が痛くなって整体へ筋肉をほぐしにもらいに行くのですが、今月はその定期的な痛みがなかったです。

 

これがモットンのお陰なのか、たまたまなのかはわからないですが、こうやってパソコンの前でブログを書いている時も3か月前よりも腰の負担が少ない感覚があります。

「腰痛が良くなった!!」みたいな感じは全くないですが、「なんとなく以前より腰が軽くなったというか、腰痛が緩和されているのかも!?」みたいな感覚ですね。

とりあえず返品をするには至りませんでした。

 

ですので、僕がモットンマットレスを約3ヵ月間使って正直な感想としては、

「そこまで重くない腰痛の方や寝る姿勢が原因で腰痛だった方には一定の効果はあるのではないか?」

と思っています。

 

逆に僕みたいに子供の時から腰痛持ちだった人間は1ヶ月とか2ヶ月とか使ったくらいで思ったよりも劇的な効果は難しいかもしれないですね。

 

モットンマットレスを購入してから使ってみるまでの体験談レビュー

まさぽん

では、ここからはもう少し細かくモットンのマットレスを購入してから実際に使ってみるまでの過程を時系列的にレビューしていきますね。

「モットンジャパン」ブランドを展開する株式会社グリボーとは?

モットンジャパン

実際にレビューしていく前にまずはモットンマットレスを作っている会社ってどんな企業なのでしょうか?

寝具は毎日使うものですし、一度使うと数年は使うもの大事なものですから、どんな会社が作っているのかを知ることも非常に大切な事ですよね。

 

モットンマットレスを作っている会社は「株式会社グリボー」というところで、モットンジャパンというのはブランド名だそうです。

福岡県にある会社でモットンブランドに代表される寝具(マットレス・枕・掛け布団)の他にも、石鹸や黒豆茶など幅広く健康に携わっているようですね。

公式のHPをみてもモットンの製造過程や作り手の想いなどのコンテンツもあり、好感が持てるサイトになっています。

モットンマットレスも元・中日の野球選手の山本昌さんを起用してますし、少なくとも怪しい得体のしれない会社でないことはHPからも伝わります。

 

コンパクトな梱包で配送されてくるので女性でも大丈夫!

モットンマットレス 梱包

モットンマットレスは商品購入してから4日程度で自宅に届いたのですが、思ったよりもコンパクトな箱に入って送られてきました。

正直、「玄関から入るかなぁ~?」なんて思って少し心配していたのですが(玄関が狭いので^^;)全然余裕でしたね。

 

モットンマットレス 梱包

大きさは男性の腰のあたりくらいまでで、中身も

モットンマットレス 梱包

モットンマットレス 梱包

3つ折りくらいに圧縮されて入っています。

これは素材がウレタンだからできるそうですね。

これくらいコンパクトに送ってきてもらうと、女性でもとりあえず何とかできるくらいの大きさなので安心ですよね。

 

早速、ベッドに広げてみると、

モットンマットレス 梱包

2~3分もすればどんどんと空気が入ってきて本来の厚さに戻ってきます。

モットンマットレス 梱包

ビニールもしっかりと外と内に二重になっていて丁寧です。

 

厚さも公式サイトにあったように約10cmくらいでしょうか。

モットンマットレス 厚さ

だいたい普通の健康マットレスの厚さが約4~5cm程度だそうですので、モットンマットレスの厚さはその2倍程度あります。

厚さが薄いとマットレスがへたってきた時に底つき(寝ると体重で沈んで体の一部が床にあたる)するので、10㎝程度あるのは安心ですね。

 

その他にも保証書や収納の際にマットレスをまとめるゴムバンドも付属しています。

モットンマットレス 保証書

保証書は返品の際に必ず必要になりますから、大切に保管しておきましょう。

 

サイズは同じでも軽さが違う

モットンマットレス サイズ

元々、敷いてたマットレスの上にモットンをとりあえず置いてみました。

今回僕らが購入したモットンマットレスのサイズは長さ195cmで横幅が140cm。

一般的なベッドやマットレスと同じサイズになっています。

ちなみに、シングルサイズが長さ195cmで横幅が97cm、セミダブルサイズが長さ195cmで横幅が120cmです。

 

サイズは一般的なマットレスと同じですが、モットンのマットレスの軽さは、シングルサイズが7.5kg、そしてセミダブルサイズは9.0kg、ダブルサイズは10.7kgとだいぶ軽くなっています。

僕たちが以前に使っていたポケットコイルのマットレスは重さが約20kg以上あったので、それに比べると半分程度の軽さですから、ビックリですね。

これなら収納するときも一人で出来そうですね。

 

専用カバーでも別の敷きパッドでもOK

モットンマットレス カバー

モットンマットレスには最初から専用カバーがついています。

だいたいこういう最初からデフォルトでついているカバーってちゃっちいものが多いイメージですが、モットンマットレスは肌触りがいいベロア生地を使用しているそうです。

実際に触ってみても柔らかくて身体にあたる感覚も気持ちいいですね。

 

もちろん、このカバーを使わずに市販の敷きパッドを使っても全く問題ありません。

我が家も夏場にはNクールの敷きパッドに交換していました。

 

モットンマットレスは臭いが気になる!?その原因と解消法とは

モットンマットレス 臭い

僕はほとんど気にならなかったのですが、ネット上などの口コミをみてみると、モットンマットレスの臭いが気になるという方も多いようです。

臭いの原因はウレタンを作る際に使用する化学物質の「アミン」だそうです。

新車を買った時のあの独特の臭いも座席シートに使用されるウレタンのアミンの臭いが原因だそうですので、それと似たような臭いですね。

 

製造段階で2週間ほどウレタンの臭いを消すために陰干しをしているとのことですが、気になる方は届いたその日1日だけでも陰干ししてみるといいと思います。

その他にも消臭剤などを使ってみても効果があるそうです。

おそらく我が家はプラズマクラスターを24時間つけっぱなしなので、どうやら臭いがあまり感じなかったようですね。

 

モットンマットレスの素材と硬さの選び方

モットンマットレス 素材

モットンマットレスの素材はNASAが開発したウレタンフォーム素材を使用しています。

20種類以上の素材を試してみた結果、高反発のウレタンが最も適してと言うことで素材に使用することを決めたそうです。

 

硬さに関しては、体重によって3つから選ぶことができます。

モットンマットレス 硬さ

体型によってマットレスの最適な硬さも違いますから、これも嬉しいポイントの1つですね。

選び方としては、体重が45kg以下の方は100N。体重が46kg~80㎏の方は140N。体重が81㎏以上の方は170Nを選ぶのがベターだそうで、数字が大きいほど硬くなります。

ちなみに我が家は140Nです。

もし、購入してみたものの硬さが合わないという場合でも返金保証機関であれば無料で(送料は自腹)交換してくれます。

 

モットンマットレスは床でも畳でもマットレスに重ねても使い方自由

モットンマットレス 使い方

モットンマットレスの使い方は、ベッドの直接敷くのはもちろんですが、今敷いているマットレスの上に敷いてもOKです(低反発は不可)。

その他にも畳やフローリングに直接敷いて使ってもOKだそうです。

我が家の場合は元々のマットレスの上に敷くとかなりの高さになってしまうので、直接ベッドの上に置いて使っています。

下が柔らかい場所でなければ、基本的にはどこに置いても大丈夫っぽいですね。

 

モットンマットレスに初めて寝てみた使用感(寝心地)は?

モットンマットレス 使用感

モットンマットレス購入後すぐに寝てみた使用感(寝心地)は思ったより柔らかいです。

高反発なので結構、硬めなのかなと思いましたが、意外と柔らかいのが印象的でした。

 

とはいえ、腰や頭など重い部分は少し沈みますがそれ以外の体の部分は沈み込む感じはないですね。

確かに体の特定の部位に圧力がかかっている感じはなくて、圧力がフラットに分散されている感じがします(体圧分散ですね)。

カバーの柔らかさもあるのかもしれませんが、非常に寝ていて気持ちがいいです。

モットンマットレス 使用感

ウチの愛犬の「みそ吉」もベッドが気持ち良くて嬉しそうでした^^

 

乳幼児や子供で使えるモットンマットレスの安全性

モットンマットレス 乳幼児

子育て中のお母さんが気になる点としては、赤ちゃんや子供のアレルギー反応ですよね。

モットンマットレスは木綿や羽毛とは違って、素材が特殊なウレタンフォームを使用しているためノミやダニ、ホコリなどのハウスダストが発生しにくいのです。

特に厚生労働省は、出生後24か月以内の乳幼児期に対して使用するマットレスはホルマリン含有濃度が16μg/g以下でないと販売できないという決まりがあるのです。

ですが、モットンマットレスはホルムアルデヒドは5μg/g以下と子供や乳幼児にも安心して使える数値になっています。

 

また、モットンマットレスの反発力は140N(ニュートンという単位)という、赤ちゃんでも寝返りをするのに適度な固さですので、お母さんが添い乳をしながら一緒に寝かしつけることも出きるんですよ^^

実際にモットンマットレスの購入者にまだ幼い子供がいるママさんが多いというのもこういった点が評価されているのかもしれないですね。

モットンマットレスの通気性はどう?知っておきたいお手入れ方法と注意点

モットンマットレス お手入れ

モットンマットレスの通気性に関してはネット上では悪いという口コミもありますが、個人的には通気性も適度にあって悪いということはないと思います。

とはいえ、いずれにしろ湿気はマットレスにとって大敵ですのでマメなお手入れは必要です。

湿気を放っておくとマットレスの反発力が低下してへたるのが早くなってしまいます。

その他にもダニやカビが増える原因になるのでしっかりと湿気対策は心がけましょう。

 

モットンマットレスのお手入れ方法で気を付けるポイントとしては、

  • 週に1回は風通しの良い場所でマットレスを立てかける
  • 2週間に1回程度を目安に、マットレスの上下と裏表を逆にして使う
  • 直射日光は厳禁

 

必ずやっておいた方がいいこととしては、週に1回風通しの良い場所でマットレスを立てかけておく事ですね。

それだけでも耐久性が全然変わってくるので、面倒ですが結果的にお財布には経済的です。

どうしても面倒だと言う方は、ベッドとマットレスの間に湿気取りシート(除湿シート)を敷いておくといいかと思います(100均にも売ってますよ^^)。

他には布団乾燥機(50度以下で使用)も使用して構わないそうなので、お持ちの方は湿気取りに使ってみるといいでしょう。

 

逆に注意点としては直射日光を当てないようにするということですね。

というのも、モットンマットレスの素材であるウレタンフォームが日光に当てると変色してしまい、寿命を縮めてしまう可能性があるからです。

「天日干ししないとダニとか大丈夫なの?」と心配になるかもしれませんが、ウレタンフォームにはダニを住みにくくする特徴があり、ホコリも出にくいので問題ありません^^

 

ちなみに、モットンマットレスについてくる専用のカバーは水洗いしてもOKだそうです(本体はNGですよ)。

ただし、乾燥機ではなく外干しすることが必須になるとのことです。

 

モットンマットレスは収納も簡単

モットンマットレス 収納

我が家ではまだモットンマットレスは敷いたままなので片づけたことはありませんが、モットンマットレスは収納も簡単です。

二つ折り、または三つ折りに畳んで、付属のゴムバンドで縛るだけです。

一般的なマットレスを収納するのも大変(というか押し入れに入らない)ので、折りたためるメリットは大きいですね。

 

モットンマットレスの耐久性は10年以上!?

モットンマットレス 耐久性

モットンのマットレスの耐久性ですが、具体的な年数こそ公式サイトでも記載はありませんが、8万回の耐久試験もクリアした優れた耐久性を持っている書かれています。

モットンの耐久テストでは、人間が1日に寝返りする平均回数(20回)の場合、寝返り回数を年間7,300回と計算して約11年間使用しても、3.9%程度しかヘタレないという実験結果が出ているそうです。

一般的に通常のマットレスの寿命は4、5年程度だそうですので約2倍以上の耐久性があることになります。

 

もちろん、モットンマットレスもお手入れ無しで使用していればもっと寿命も短くなるでしょうし、丁寧に使っていれば11年以上使っていくことも可能でしょう。

いずれにしても普通に市販されているマットレスよりは値段が高いですが、長い目で見ると経済的にもお得な事がわかります。

 

知っておきたいマットレスの寿命の見分け方とは?

耐久性に優れているとはいえモットンのマットレスもいずれは寿命がきます。

寿命が来ているマットレスを使い続けるとかえって腰痛を悪化させてしまう可能性があるので注意が必要です。

 

寿命が来ているマットレスの特徴としては、

  • 反発力が低下して腰やお尻の部分が沈み込んでいる
  • 反発力の低下で体の形の跡がマットに残る
  • 寝返りの回数が多すぎる

 

といったようなことが顕著に見られるとの事です。

こういった実感を得るようになった時にはマットレスの変更も視野に入れておきましょう。

 

モットンマットレスの購入前に確認しておきたい

まさぽん

モットンマットレスがどういう高反発マットレスかということは何となくわかっていただけたかと思います。

とはいえ、いいマットレスってやはりそれなりにいい値段しますし、1度購入したからには最低でも数年、出来れば10年くらい使いたいものですよね。

ということで続いては、モットンマットレスを購入する前に知っておきたいことをいくつかまとめてみていますので、購入の際に参考にしてみてください。

 

モットンマットレスを返金保証付きで正規品を購入するなら公式サイト一択です

モットンマットレス 販売店

モットンマットレスの正規品を返金保証付きで安く購入するのであればモットンジャパンの公式サイトから購入する必要があります。

価格はシングルが39800円(税込み・送料無料)、セミダブルが49800円(税込み・送料無料)、そしてダブルが59800円(税込み・送料無料)となります。

支払い方法はクレジットカード、代引き、銀行振り込みが可能で24時間受付ができます(出荷は平日のみです)。

地域によりますが通常は3~5日程度で自宅にマットレスは到着します。

 

注意する点としてはモットンの公式サイトにも記載がありますが、ネットで購入する際に類似品が多く出回っているそうです(マットレスとか布団は昔からそういうの多いですよね^^;)。

一応、モットンジャパンの公式サイト以外にも楽天などにも取り扱いはありますが、正規店ではありません。

全て業者が仕入れたものを転売しているだけです。

ですので、価格も高いものが多いですし(ダブルで8万円とか)、返金保証についても記載がなかったりしますので注意が必要です。

 

モットンは公式サイトでの販売以外での出店は考えてないそうですので、やはり安心して購入するなら公式サイトがいいですよね。

 

 

モットンマットレスは店舗でお試しできるのか?

マットレスのような高い買い物ですと、一度販売店などで試してみてから購入を決めたいという方もいらっしゃるかと思います。

ですが、残念ながらモットンのマットレスを販売している店舗(直営だけでなく代理店なども)は今のところ一切ありません。

店舗を持たない代わりに料金を抑えて返金保証をつけることが出来るということだと思います。

 

購入後は購入者限定のプレミアムな特典もアリ

モットンマットレスを購入すると購入者限定のページでキャンペーンの2万円割引からさらに1万円引きでマットレスを追加購入することができます。

一人暮らしや夫婦2人の場合は必要ないサービスですが、子供用に新たにマットレスを購入検討している家庭や両親や友人などへのプレゼントなどを検討している場合には嬉しい特典ですね。

 

返金保証制度を利用する際に知っておきたい3つの注意点

モットンマットレス 返金保証

モットンマットレスは90日間使って効果が実感出来なかった場合には返金保証制度があります。

マットレスを購入して1番何がショックかって自分の身体に合わなかった時ですよね^^;

そういう点では他の有名なメーカーのマットレスは返金保証がない中、モットンはスゴイなと思います。

ちなみに、モットンマットレスの返品率(返金率)は約2~3%程度だそうです。

 

返金保証制度が適用されるために注意する点としては、

  • 保証書・本体・カバーが必要
  • 返金保証が適用される期間は商品到着後90日後からの14日間
  • 返品の際の送料、手数料、印紙代などの費用は自己負担

 

この3点です。

モットンマットレス本体が必要なのは当然ですがカバーも必要ですのでなくさないように保証書と保管しておきましょう。

 

そして、勘違いしている方が多いのですが、モットンマットレスの返金保証が適用される期間は商品到着後から90日後の14日間以内です。

ですから、90日間は効果がなくても返品はできません。

というのも、モットンマットレスは僕もそうでしたが最初に数週間程度、体がマットレスに馴染むまでは効果が実感できません。

早い方は数週間で効果を実感する方もいますが、目安としては1ヶ月~3ヶ月程度かけて効果を実感することが多いので、最初の3ヵ月は継続して使って欲しいという想いを込めているそうです。

 

また、返金保証を使う場合は配送手数料(3942円)の他に代引き手数料及び銀行振り込み手数料(648円)、印紙代(5万円以上の購入の場合216円)が自己負担でかかります。

もしモットンマットレスを2つ購入した場合は、それぞれの配送料もかかってきますので注意してください。

 

この3つの点で問題なければ、

  • 返品依頼フォームから返金申請
  • 本体・カバー・保証書を送付する
  • 到着後、30日以内に指定の口座に返金

 

という流れになります。

モットンマットレス 返金

 

モットンジャパンの返金依頼フォームには、

・購入時のメールアドレス
・購入者の名前
・購入者の電話番号
・返品の際に利用した運送会社
・返品の際の配送番号
・返品する商品名と点数
・商品が自宅に届いた日
・本体、専用カバー、保証書が揃っているかどうかのチェック
・返金先銀行名
・支店名
・預金種別
・口座番号
・口座名義

モットンジャパン公式サイト-返金依頼フォーム

 

これらを記入して送信すればOKです。

特に面倒な手続きなく、商品とカバー、保証書さえあればネットから簡単に申請できます。

 

サイズや硬さも返品交換可能

返金保証とは別にサイズや硬さの変更を1回まで返品交換することが出来ます。

ただし、その際でも配送手数料(3942円)は自己負担ですのでご注意ください。

 

モットンマットレスと検索すると悪評と出るけど大丈夫なの!?

モットンマットレス 悪評

ヤフーの検索画面でモットンマットレスと打ち込むと「モットンマットレス 悪評」という関連のワードが表示されますよね^^;

これをみて心配になった方も意外と多いのではないでしょうか?

悪評の内容の中身はネット上でみてもイマイチよくわからないのですが、腰痛対策のマットレスですからその悪評とは要するに「効果がない」ということでしょう。

 

ですが、こればっかりは買ってみないと分からないのが本当のところですよね。

100人が使って100人が効果が出るマットレスなんておそらく存在しないかと思います。

もちろん、100人中100人が効果がないというのは問題アリだとは思いますが。。。。

公式サイトの表記に虚偽があるとなれば話は別ですが、効果うんぬんは個人差がありますから、一概に言えないですね。

 

また、そもそも検索画面に「悪評」と打ち込むユーザーの方は「口コミを調べている」方たちが打ち込むワードです。

別にモットンマットレスに悪評がなくても、一定回数検索窓に打ち込まれたワードは関連ワードとして表示される仕様になっているので、「モットンマットレス 悪評」と出るからといってすなわち本当に評判が悪いということには結びつきません。

 

高反発マットレスを選ぶときにチェックしておきたい5つのポイント

モットンマットレス 選び方

高反発のマットレスを選ぶ際にみるべきポイントは以下のようなところかと思います。

  • 適度な反発力
  • 体圧分散性
  • 耐久性
  • 厚み
  • 重量

 

高反発マットレスは一般的に100N~200N(Nはニュートンという単位)の間に収まるそうです。

柔らかすぎても寝返りの回数が少なくなりますし、反発力が強すぎても不自然に寝返りが増えすぎて腰に負担がかかります。

ですので、丁度自分の体格に合った反発力のあるマットレスを選ぶことが重要です。

また、体圧分散も同様に反発力が自分に合っていないと首や肩、腰などに圧力がかかって負担がかかることになります。

 

耐久性に関しては一般的にマットレスは1度購入すると数年は使うものですので、価格の高い安いも大事ですが耐久性によってコスパの良さは変わってきます。

厚みに関しても薄いマットレスは年数が経ってへたってくると底つき(床に体がつく)してしまいます。

最低でも5センチ程度の厚みは欲しいところですね。

 

また、マットレスの重量も大事でどんな高級なマットレスでも通気やお手入れのために立てかけたり、収納したり持ち運ぶ場面がどうしても出てきます。

特にそういったお掃除は奥さんがやることが多いでしょうから、重量がありすぎるのは考えものです。

1~2年で交換するつもりであれば格安のマットレスでもいいのかもしれないですが、少なくとも腰痛対策や数年使うつもりで購入するマットレスであればこの辺りはよくチェックしたい点だと思います。

 

モットンマットレスのメリットとデメリット。おすすめする人としない人とは?

モットンマットレス おすすめ

では、僕が3ヵ月モットンマットレスを使ってみて感じたメリット(長所)とデメリット(短所)を書いておきたいと思います。

 

まずは、モットンマットレスのデメリット(短所)ですが、

  • 人によっては体がマットレスに馴染むまで逆に腰が痛い(僕です)
  • 購入時にウレタンの臭いが気になる(らしい。我が家は大丈夫でした)
  • 本体が直射日光NG
  • 厚みがある分、そこまで通気性はよくはない
  • 返金保証がややわかりづらい(到着90日後から2週間。90日間ではない)
  • 通販のみの販売なので自分の手でお試しができない
  • 一般的なマットレスよりは値段が高い
  • 本体が洗濯不可

 

といったところでしょうか。

素材にウレタンフォームを使っているメリットも多い反面、デメリットもあるという感じがしますね。

 

逆にモットンマットレスのメリットとしては、

  • 業界では珍しい返金保証
  • 硬さが選べる
  • 耐久性が高い(約2~3倍)
  • 厚みがあるので底つきの心配がない
  • ダニやノミが発生しづらい素材
  • ほどよい反発力による体圧分散
  • 床への直置きもOK
  • へたりにくい
  • 折りたたんで収納できる
  • 乳幼児も使用可能

 

といった点ですね。

業界でも珍しい返金保証があることで万が一、自分の身体に合わなかった時に心配もありません。

また、耐久性が高いので購入時の値段こそ一般のマットレスより高くてもコスパという点ではむしろ割安でしょう。

厚みがあるからへたれずらく底つきの心配もありませんし、フローリングや畳への直置きもできます。

そして何より体圧分散効果で腰や肩・首への負担が減り、寝返りも適度に打てるようになるので腰痛改善や体の疲労そのものを取る効果も期待できます。

 

ですので、モットンマットレスをおすすめする人とは、

  • 「腰痛を緩和させる高反発のマットレスを探している方」
  • 「寝返りの時に目が覚めてしまうことがある方」
  • 「長時間のデスクワークで腰や首・肩に負担がかかっている方」
  • 「2~3年ではなく10年以上使えるマットレスを探している方」
  • 「自分の身体に合わない場合の不安がある、1度お試しで使ってみたい方」

 

こういった方は1度試してみる価値はあるでしょう。

 

逆に、

  • 「購入時に出来るだけ費用をかけたくない」
  • 「万年床のように敷きっぱなしで使いたい」
  • 「購入前に1度自分で寝て試してみたい」

といった方にはあまり向いてないと思います。

 

 

まとめ

まさぽん

僕の場合、最初はマットレスに体が合わなくてむしろ腰が痛くなって「あれ?大丈夫?」という感じでした。

1ヶ月過ぎたくらいから徐々に気にならなくなって3ヵ月目には腰の重さやだるさが緩和されているような感覚がありました。

公式サイトや口コミにあるほど目に見えて改善されたというわけではありませんが、僕は学生の時からの筋金入りの腰痛持ちなので個人差があるのでしょう。

最悪、90日経って何もよくなっていく感覚がなければ返金すればいいだけですし、リスクは少ないと思います。

腰や首・肩のだるさや痛みで悩んでいる方は、1度試してみる価値はあると思いますよ。

 

 

 

 



\ SNSでシェアしよう! /

家族のミカタ|平凡な夫婦が日常の「どうして?」を考える雑記ブログの注目記事を受け取ろう

モットンマットレス 体験談

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

家族のミカタ|平凡な夫婦が日常の「どうして?」を考える雑記ブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

登場人物紹介 登場人物一覧

まさぽん

まさぽん

年齢:1977年生まれ
 職業:フリーランス
 性格:人に厳しく、自分に甘い。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 会社を当日に家庭の事情で休む理由15選~体調不良以外の急用でサボる!

  • 海に散骨する費用の平均相場は?自分でやるor代行業者に任せる場合

  • 風邪を引いている人にかける言葉10選~友達・彼氏彼女・目上の人別に紹介

  • 腸腰筋を寝ながらストレッチする方法3選~高齢者でも簡単ながらでOK

合わせて読みたい関連記事

  • タナ(棚)障害の手術をした体験談~費用や入院期間、リハビリなどの感想

  • マイコード(DeNA遺伝子検査)をやってみた感想。信憑性ってどう?

  • レバリズム-Lは効果なし?お試しで実際に購入して飲んでみた体験談

  • ステラの贅沢Co(コエンザイム)Q10はいびきに効果ある?【体験談】

  • おうちでドックが評判や口コミがいいのでやってみた!【体験レビュー】

  • コエンザイムQ10還元型の男性に嬉しい13の効果~おすすめサプリ5選