1. TOP
  2. 健康
  3. ジーンライフジェネシスの評判とは?遺伝子検査をやってみた結果【体験談】

ジーンライフジェネシスの評判とは?遺伝子検査をやってみた結果【体験談】

ジーンライフジェネシス
まさぽん

こんにちは。ブログ管理人のまさぽんです。

去年、母が肺がんで手術をしたのですが、母はもちろん父も自宅では喫煙しない人なのに「どうしてだろう」と思い医師に尋ねたところ、

「遺伝の可能性もあるでしょうね」

との回答でした。

「がんは遺伝する」という話は以前から聞いたことはありましたが、本当に遺伝するのでしょうか?

もし遺伝するなら、私も肺がんになるのでしょうか?

自分の遺伝子ってどうなっているのか気になりますよねぇ。。。

ということで先月、遺伝子検査キットで国内シェアNo.1だというジェネシスヘルスケア社の「GeneLife(ジーンライフ)ジェネシス」を実際に購入して遺伝子検査を受けてみました。

その結果が出たのでお伝えしていきたいと思います。

これから遺伝子検査をやってみようと思っている方はぜひ読んでみてください^^

⇒ジーンライフジェネシス遺伝子検査の判定結果をすぐに知りたい方はコチラから

⇒ジーンライフジェネシス遺伝子検査キットを使ったからこそ分かるメリットとデメリットはコチラから

 

目次をクリックすると読みたいところへページが飛びます

ジーンライフジェネシスとは?どんな遺伝子検査キット?その評判や特徴とは

ジーンライフジェネシス

今回、私が受けた「ジーンライフジェネシス」は、口コミでも評判が高い、がんなどの生活習慣病の他にも体質や肌タイプなど360項目を検査してくれる遺伝子検査キットです。

他にも「ジーンライフ」には「Myself(マイセルフ)」という遺伝子による性格分析のキットであったり、肥満や肌老化関連、メタボ関連などの特定の体質に特化した遺伝子検査キットもあります。

 

「ジーンライフジェネシス」の特徴を挙げてみると、

  • 約1,500もの遺伝子で、約360項目を解析
  • 日本人基準の評価を採用
  • 祖先(ハプログループ)調査も検査に含む
  • 検査結果の性別切り替えも可能
  • 自宅のパソコンやスマホで検査結果を閲覧可能
  • 検査結果の更新あり(新しく論文などが出た場合など再判定が行われた際)
  • 検査結果の閲覧は1年まで
  • 18歳未満は検査不可(ジェネシスに関しては親の同意があっても不可)

 

こういった特徴があります。

遺伝子検査による「性格」の傾向の項目こそありませんが、ジーンライフジェネシスは病気のリスクや体質の他にもダイエットや肌質、祖先のルーツなどほとんどの検査項目を網羅しているオールインワンパッケージです。

もし「ダイエットの項目だけを知りたい」「肌質だけを知りたい」という場合は、特定の項目のみの検査キットを購入する方が格安で買えます。

「ジーンライフジェネシス」で遺伝子検査をやってみた体験談。検査方法をレビュー

では、ここからは実際に「ジーンライフジェネシス」で遺伝子検査をやってみた体験談を時系列的にレビューしていきたいと思います。

「ジーンライフジェネシス」はどれくらいの期間で届くの?内容物とは?

「ジーンライフジェネシス」 配送

「ジーンライフジェネシス」は注文の翌日には配送完了のメールが届き、その翌々日には自宅に佐川急便の配送で届きました。ですので、私の場合は購入日から3日ということになります(※地域によって多少異なります)。

品名の欄には「キット在中」とだけ書いてありますが、箱そのものに「GeneLife」と書いてあるので箱の中身が遺伝子検査キットだとわかる人にはわかるでしょうね(まあ、別にわかってもさほど問題ないかと思いますが)。

中身を見てみると、しっかりと気泡シート(プチプチ)で梱包もされています。

検査キットの箱の大きさは16~17cmくらいの正方形。

「ジーンライフジェネシス」 配送

内容物は検査キットの他に説明書や検査申し込み同意書、返信用の封筒などが同梱されていました。

「ジーンライフジェネシス」が届いたらまずは「検査申込同意書」の記入と「検査申込登録」を!

「ジーンライフジェネシス」 同意書

「ジーンライフジェネシス」が手元に届くと、まずは「検査申込同意書」の記入と「検査申込登録」をする必要があります。

検査申込同意書には氏名や住所、電話番号などの他にEメールアドレスも必要になります。

検査申込同意書が不備があると検査は受けることが出来ませんのでしっかりと確認しておきましょう。

ちなみに「ジーンライフジェネシス」は18歳未満は親の同意書があっても検査を受けることが出来ませんのでご注意を(肥満遺伝子検査や肌質老化関連遺伝子検査のキットなどは親の同意があれば検査可能です)。

そして続いては、パソコンやスマホで検査結果を閲覧するために、「検査申込登録」をする必要があります。

検査キットの同梱物の中に検査IDと検査パスワードが書いた案内が必要になるので事前に手元に置いて確認しておきましょう。

「ジーンライフジェネシス」 検査登録

「ジーンライフ」のログイン画面からまずは新規会員登録をしていきます。

「ジーンライフジェネシス」 検査登録

ログインの下にある「新規登録」をクリックします。

「ジーンライフジェネシス」 検査登録

氏名やニックネーム、ログインIDとパスワードを自分で決めて記入して登録していきます。

ここで登録する氏名などの情報は検査申込同意書と同じ内容でなくてはならないので注意してください。

「ジーンライフジェネシス」 検査登録

新規登録が完了するとそのまま検査キットの登録をしていきます。

※新規登録自体はジーンライフジェネシス検査キットが手元に届く前に済ませておくことも可能です。

「ジーンライフジェネシス」 検査登録

自分の購入した遺伝子検査キットを選択して、

「ジーンライフジェネシス」 検査登録

先ほどの検査キットに同梱してあった検査IDとパスワードを入力して登録手続きを行います。

「ジーンライフジェネシス」 検査登録

ここまでやって初めてWEBで検査結果を閲覧できるようになります。

⇒ジーンライフジェネシス遺伝子検査の検査結果をすぐに知りたい方はコチラから

⇒ジーンライフジェネシス遺伝子検査キットを使ったからこそ分かるメリットとデメリットはコチラから

唾液採取の方法から検査試料を送るまでの流れ。唾液採取の際の注意点とは?

ジーンライフジェネシス 唾液摂取

では、いよいよジーンライフジェネシスを使って遺伝子検査のための唾液を採取していきます。

その前に唾液を採取する前の注意点としては、

  • 採取の1時間前から水以外の飲食は厳禁
  • 採取の1時間前までに歯磨きは済ませておく
  • 採取1時間前から喫煙を避ける

 

この3つですね。これらを守らずに唾液を採取すると検査結果に影響が出てしまい、正確に検査できなくなる可能性があるので注意しましょう。

また、よくある疑問として口内炎がある場合や妊娠中などは唾液採取に関して問題ないのかということですが、これは問題ありません。

私も唾液採取の時に丁度運悪く口内炎が出来てしまっていましたが、特に問題なく検査することが出来ました^^

 

具体的な唾液採取の方法ですが、まずは口に唾液を溜めて漏斗部分に口を当てて2本線のところまで唾液を入れます(唾液の量は0.5ml)。

ジーンライフジェネシス 唾液摂取

2本線よりも少なくてもダメですが、多くてもよくないそうなので注意しましょう。

2本線まで唾液を入れたら蓋をしっかり閉めます。すると紫色の液体(安定液)が唾液に落ちてきます。

ジーンライフジェネシス 唾液摂取

その後、漏斗部分の蓋を外して、

ジーンライフジェネシス 唾液摂取

別に同梱してあるキャップをはめてしっかりと閉めます。

ジーンライフジェネシス 唾液摂取

キャップをしっかりと閉めた後、液体と唾液をよく混ぜて、チューブを専用の袋に入れたら唾液採取の完了です。

ジーンライフジェネシス 唾液摂取

特に難しいことはなくほんの数分もかからずに終わります。

あとは、事前に書いておいた検査申込同意書と一緒に専用の返信封筒に入れて終了です。

ジーンライフジェネシス 唾液摂取

封筒の裏面にもチェック欄と氏名や住所、電話番号を書く欄がありますので忘れずに記載しておきましょう。

ジーンライフジェネシス 唾液摂取

そして、最後に採取した唾液と同意書を入れた専用封筒を郵便ポスト、または郵便局の窓口で送れば全て完了となります。送料は無料です。

1点だけ気を付ける点としては、可能な限り唾液採取後は早めに送るようにしましょう。

一応、当日中が基本ではありますが、どうしても無理な場合は冷暗所に保管して翌日には送るようにしてください。

もし検査試料に不備があった場合はどうなるの?再検査にかかる費用は?

仮に唾液に雑菌や科学部質などが混入して検査試料に不備があった場合は再検査となります。

ジーンライフジェネシス、マイセルフに関しては得られた遺伝子解析の結果が70%以下の場合は1度に限りジェネシスヘルスケア社の費用負担で再検査を受けることが出来ます。

それ以外の肥満遺伝子検査キットや肌老化関連の遺伝子検査キットなどは1回に限り再検査料金は無料、2回目以降は費用を負担する必要があります。

また、検査試料ではなく同意書を入れ忘れた場合や不備が合った場合はジェネシスヘルスケアの遺伝学検査室というところに電話をかけてください。

どれくらいで検査完了の報告が来るの?

ジーンライフジェネシス 

ジーンライフジェネシスにて検査終了後、検査完了までの目安はだいたい約4週間だそうです。

私の場合は時期的なものもあるのか、20日間で検査完了のメールが来ました。

ちなみにジーンライフジェネシス購入の際に遺伝子検査の結果報告書を紙でもらうようになっている方に関してはメールでの検査完了の案内はないそうですよ。

ジーンライフジェネシスの遺伝子検査の結果内容

ジーンライフジェネシス 結果

ジーンライフジェネシスの遺伝子検査を終えて約3週間。待ちに待った検査結果です^^

ジーンライフジェネシスでは検査結果は「疾患カテゴリ」「体質カテゴリ」「リスクカテゴリ」の大きく3つのカテゴリーに分かれています。

では、1つずつみていきたいと思います。

「疾患」カテゴリー。気になる「がん」の傾向などがわかる

ジーンライフジェネシス 結果

まずは疾患カテゴリーから見ていきます。

疾患カテゴリーの中でもさらに細かく「感染症」「循環器系」「呼吸器系」「骨・関節・皮膚」など部位やジャンルごとに分かれて検査項目が分類されています。

具体的な検査項目は「がん」や「心筋梗塞」「脳卒中」などの他に「ニキビ」「近視」「虫歯」「花粉症」など身近なものや、男性特有の「勃起不全(ED)」「男性型脱毛症」など多岐の検査項目があります。

また、検査結果に関しては「低い」「やや低い」「標準」「やや高い」「高い」の5段階で評価されます(検査項目によって4段階や3段階の時もあり)。

概ね、ざっと見たところ「やや低い」~「やや高い」の間でおさまっているものが多い印象があります。

ジーンライフジェネシス 結果

ただし、中には「低い」「高い」という検査結果のところもありまして、例えば私の場合ですと「腎臓がん」が高い傾向にあります。

ジーンライフジェネシス 結果

やっぱり「高い」と評価されている検査項目は気になりますので、詳細を見てみると、

ジーンライフジェネシス 結果

判定結果のグラフ、そして結果説明、検査項目の概要、発生年齢、発症率、予防と対策

ジーンライフジェネシス 結果

解析遺伝子の情報や参考文献などを見ることが出来ます。

ジーンライフジェネシス 結果

ジーンライフジェネシス 結果

正直、遺伝子の情報とか見てもイマイチ、私たち素人はあまりピンとこないですよね。

この検査結果の詳細で1番気になる部分としては我々的には「予防と対策」ではないでしょうか。

ただ、その部分に関しては、

ジーンライフジェネシス 結果

検査項目によっては情報が薄い場合もあるのがちょっと残念ですね。

「体質」カテゴリー。アナタの肥満タイプや長寿の傾向がわかります

ジーンライフジェネシス 結果

続いてはジーンライフジェネシスの体質のカテゴリーですね。

体質カテゴリーは「志向性・行動」「能力」「体型・体格」「骨・関節・皮膚」「栄養素」などの項目に分かれています。

具体的な検査項目では「味覚の感じやすさ」「運動能力」「情報処理速度」「肥満タイプ」「肌タイプ」「長寿」など気になる項目ばかりですね。

疾患のカテゴリーに比べて自分の日常に関係する身近な検査項目ばかりですので現状の自分に当てはめやすく、わかりやすいです。

評価段階は疾患カテゴリーと同様に項目ごとによって2段階から5段階で評価されています。

 

では、具体的に検査項目をみていきたいと思います。男女共に気になるのはやはり「肥満タイプ」ではないでしょうか^^;

ちなみ私の肥満タイプは「洋なし型」でした。

ジーンライフジェネシス 結果

ジーンライフジェネシス 結果

ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、肥満タイプは一般的に「りんご型」「洋なし型」「バナナ型」「アダム・イヴ型」の4つに分類されます。

「アダム・イヴ型」は遺伝的要素が無いタイプで、「りんご型」は遺伝的に炭水化物の代謝が苦手なタイプ、「洋なし型」は遺伝的に脂質の代謝が苦手なタイプで、「バナナ型」は遺伝的に蛋白質の利用が苦手なタイプとされています。

ですので、例えば私の「洋なし型」の人間がダイエットをするに当たっては、脂質を控える食生活を心がけることが大切になります。また、お尻周りに脂肪がつきやすいタイプですので、下半身を鍛える筋力トレーニングなども有効になります。

逆に洋なし型の私が頑張って炭水化物抜きダイエットをやっても遺伝子的にはあまり効果がないということになってしまいます。

⇒ジーンライフ肥満遺伝子検査を嫁がやってみたレビュー記事はコチラから読めます。

この他に気になる検査項目としては、「長寿」も気になりますよね。

ちなみに私の場合は「長寿になりにくい傾向」と評価されてましたΣ(゚д゚lll)

ジーンライフジェネシス 結果

ジーンライフジェネシス 結果

実は以前に同じく遺伝子検査キットでDeNAの「マイコード」で検査したこともあるのですが、その時も寿命の傾向が「85歳まで生きる可能性がやや低いタイプ」と診断されました^^;

85歳という表現や長寿の定義が曖昧ではありますが、共通するのはどうも「そんなに長生きする遺伝子じゃないよ」ってことみたいですね。

まあ、何となくショックといえばショックな感じもしますが、あくまで遺伝的な要素が与える影響は全体の3~4割程度で後は環境的要因が大半を占めるそうですので、さほど気にする必要もないでしょう。

病気の「リスクレベル」や「がん」のみのリスク評価ごとのカテゴリーもある

ジーンライフジェネシスには「疾患」「体質」のカテゴリーの他に、「リスクレベル」という疾患のリスクごとに見やすく分類しているカテゴリーもあります。

ジーンライフジェネシス 結果

また、七大生活習慣病のリスク評価のカテゴリーや、

ジーンライフジェネシス 結果

「がん」のみのリスク評価のカテゴリーのページもあります。

ジーンライフジェネシス 結果

ジーンライフで「ジェネシス」を購入する人たちの購入理由の大きな1つが将来の自分がかかりやすい「がん」などの病気が知りたいという欲求がありますから、わかりやすくカテゴライズしているようです。

 

アナタの祖先は?人気のミトコンドリアハプログループ検査

ミトコンドリアハプログループ

遺伝子検査で人気の検査項目に「ミトコンドリアハプログループ」の検査があります。

ミトコンドリアハプログループとはDNAの「ミトコンドリア」は母親から子供へと受け継がれていくために、そのミトコンドリアDNAを解析することで母方の祖先を遡ることができるというものです。

自分のルーツをたどることで自分の遺伝子的な体質や性格的傾向などを探ることが出来ます。

ちなみに私の場合はFグループ(14グループに分類されます)のに分類され、「東南アジアの冒険者」だそうです^^;

日本人の約5%がこのFグループに属するらしく、冒険心が強く寒がりで瞬発力やパワー系競技に向いているのだとか。同じFグループの著名人は元力士の舞の海関だそうですよ^^;

性別切り替えでもし自分が女性だった場合の遺伝子検査もみることが可能

ジーンライフジェネシス 結果

ジーンライフジェネシスでは、男性と女性の性別を切り替えて検査結果を閲覧することが出来ます。

男性の私が女性に切り替えると検査項目も、例えば体質のカテゴリーですと、

ジーンライフジェネシス 結果

「胸の大きさ」や「初潮・閉経の時期」などの検査結果やリスク評価が閲覧することが出来ます。

まあ、これを見たからといってどうなるものでもないのですが、「もしも、自分が女性(または男性)だったら・・・」という視点でみると興味深いかもしれませんね。

ジーンライフの検査結果の信憑性(信頼性)ってどうなの?実際にやってみた実感としては・・・

ジーンライフジェネシス 信憑性

ジーンライフジェネシスを使って遺伝子検査をするにあたり1番気になるところとしては、

「実際、ジーンライフジェネシスの検査結果の信憑性ってどうなの?信頼できるの?

という部分だと思います。

ジーンライフの検査結果に対する科学的根拠としてはジーンライフの公式サイトにあるように、

当社では、ジェネシス遺伝学研究所において次の項目を重点に置き疾患と解析する遺伝子を選択し、結果報告を行っています: ①対象集団:基本的に東アジア人もしくは日本人で科学的根拠がある ②論文名・著者・発行年 ③参考としている論文の評価。 参照:ジーンライフ公式サイト「ジェネシスヘルスケアの誓約」より

上記の3点が科学的根拠となっています。

同時にジェネシスヘルスケアの誓約を読むと、「あくまで解析結果は限定的なものですよ」ということをしっかりと謳っています。

ですので、あくまで遺伝子的傾向であって必ずしも全てがその通りに当てはまるわけではないということを踏まえた上で私自身の検査結果の実感を正直に書いてみると、

「信憑性は微妙な部分も多々あるが、予防や改善の良いきっかけになる」

というのがジーンライフジェネシスを使ってみた正直な感想です。

例えば、微妙だなと思う検査結果の具体例としては、

ジーンライフジェネシス 結果

身長が標準という判定ですが、私の身長は180cmですので十分に男性の中でも高い部類に入ります。

また、視力に関しても、

ジーンライフジェネシス 結果

近視になるリスクが低いという判定ですが、私は小学校の低学年から視力は0.1以下のド近視です^^;

さらに、乗り物酔いの項目もあるのですが、

ジーンライフジェネシス 結果

判定と違って、私は人よりも確実に乗り物酔いする体質です。。。

こういった判定をみると全然今の自分と食い違っている部分があり、特に乗り物酔いなんかは環境的要因も何もないような気がするので、この判定ってどうなんだろう?みたいな感じはありますね。

 

かといって全く信憑性がないかというとそんなことも全然なくて、むしろ「あ~、当たってるなぁ~」と思う部分や「実はそういう傾向があると思ってたんだよね」といった検査結果の方が遥かに多いのが事実です。

また、私の場合、ジーンライフジェネシス以外にも他の遺伝子検査キット(マイコードなど)も検査しているので、重複する検査結果の項目に関しては信憑性が高いのかなと思って、予防や改善に取り組むようにしています。

「ジーンライフ」の遺伝子検査キットは8種類。アナタが気になる検査項目に合わせて選べばOK

ジーンライフ 遺伝子検査キット

「ジーンライフ」には私が受けた「ジーンライフジェネシス」を始めとする8種類の遺伝子検査キットがあります。

がんを始めとする生活習慣病や生まれ持った体質を検索するオールインワン検査の「ジーンライフジェネシス」や、性格と体質の遺伝子検査だけをやりたい方用の「マイセルフ」、女性に人気の肥満遺伝子検査や肌質遺伝子検査など特定の項目だけに特化した遺伝子検査キットもあります。

また、2017年の10月からは有料会員制の「ジーンライフプレミアム」という検査キットも発売されています。

 

料金は最も高いのが「ジーンライフジェネシス」と「マイセルフ」で29800円、祖先のルーツを辿ることから自分の体質を知る「ミトコンドリアDNA」は9800円、肥満遺伝子検査キットなど特定の項目に絞ったものは5980円~となります。

今回、僕は「ジーンライフジェネシス」の遺伝子検査を行いましたが、各項目でより詳しく知りたいというものがある方は、特定の項目に絞った遺伝子検査キットの方がより詳細に検査結果がわかるようになっています。

例えば「ジーンライフジェネシス」にも肥満遺伝子の検査項目は含まれてはいるのですが、それよりも肥満遺伝子検査キットで検査する方がより詳しく肥満タイプに合わせた改善策やレシピなど詳細をみることができるんです。

 

遺伝子検査は基本的に一生に一回やればいいそうですから、折角なので色々と全部知っておきたいと言う方は「ジーンライフジェネシス」の方がいいと思いますが、ダイエット目的や美容目的など目的がハッキリしている方は個別の項目の遺伝子検査キットを購入する方が満足できる結果が得られるでしょう。

 

⇒ジーンライフ肥満遺伝子検査を嫁がやってみたレビュー記事はコチラから読めます。

 

ジーンライフのキャンペーンやクーポンはいつ手に入れられるの?

ジーンライフの遺伝子検査キットは不定期ですが、割引のキャンペーンを行ったり、割引クーポンを配布しています。

例えば、割引のキャンペーンですと以前に遺伝子解析累計50万人突破の50%OFFキャンペーンをやっていました。

ジーンライフ キャンペーン

また、割引クーポンですとプレミアムフライデーの際に全商品1000円割り引きのクーポンを発行していたこともあります。

ジーンライフ クーポン

非常にお得なキャンペーンやクーポンですのでぜひ、使いたいところではありますが、不定期に行っているので少しでも安く購入したい方はマメに公式サイトなどをチェックしておいた方がいいですね。

ちなみに私も何のキャンペーンだったかは記憶にないのですが、「ジーンライフジェネシス」を1万円割引のキャンペーンの際に購入しました。

「ジーンライフジェネシス」

特に「ジーンライフジェネシス」は金額が高いので割引が適用された時はかなりお得ですよね^^

 

そもそも遺伝子検査(DNA検査)とは?何がわかるの?

そもそも遺伝子検査とは

ジーンライフジェネシスなど、そもそも遺伝子検査(DNA検査)とは、個々の人間が持つ遺伝子の情報を解析することで、かかりやすい病気のリスクや生まれ持った体質など遺伝的傾向を知ることが出来る検査です。

がんや高血圧、糖尿病などの生活習慣病はもちろんのこと、太りやすさや肌質、胸の大きさや髪の毛のハゲ具合、その他にも性格的な傾向や生まれ持ったセンス(音楽とか芸術とか)までわかる遺伝子検査も存在します。

遺伝子の傾向的に自分がかかりやすい病気や体質を知ることで、前もって生活習慣の改善や病気の予防に取り組むことが出来るのが遺伝子検査の最大の目的でもありメリットでもあります。

以前は遺伝子検査をするためには、わざわざ病院まで出向いて血液を採取する必要がある上に高額な費用もかかることから、私たちには無縁の検査でした。

ですが、最近は解析技術が発達したことで自宅で唾液を摂取するだけで簡単に検査が出来る上に、料金も安くなったことから私たちにも身近になり、最近では急速に普及しています。

今回、私が受けたジェネシスヘルスケア社の「ジーンライフ」の他にも有名なところでは、DeNA社の「マイコード」や日本最初の個人向けの遺伝子検査を始めた「ジーンクエスト」、ダイエットやサプリメントなどでお馴染みのDHCやハーセリーズ社のDNASLIM(※ダイエット検査のみ)などの遺伝子検査サービスがあります。

遺伝子検査をする際に知っておきたい3つの注意点

遺伝子検査の注意点

ジーンライフジェネシスを始め、その他の遺伝子検査をする際にも知っておきたい注意点が3つあります。

将来高い確率で発症する病気の特定の遺伝子や難病・精神疾患の検査はNG

遺伝子検査と言えば女優のアンジェリーナ・ジョリーさんを思い出す方も多いかと思います。

彼女は遺伝子検査で乳がんの可能性が非常に高いという検査結果から、自らの乳房を切除した話は有名ですよね。

ですが、これはあくまで海外の話であって、日本ではこういった将来高い確率で発症する病気の特定の遺伝を検査することは医療行為にあたるため法律で禁止されています。

また、難病・精神疾患の遺伝子検査についても被験者の不安を過度に煽る可能性があるために検査対象にしないという取り組みがあります。

GeneLifeの遺伝子検査サービスでは、ベーチェット病など治療法が確立していない難病や、重度精神疾患項目は検査致しません。運営会社であるジェネシスヘルスケアの個人遺伝情報取扱審査委員会では遺伝子検査の結果により、お客様の不安を煽る可能性がある疾患は検査対象としないことと定めております。参照:ジーンライフ公式サイト「ジェネシスヘルスケアの誓約」より

遺伝的要因だけで病気が発症するわけではない

遺伝子検査でがんや糖尿病などを始めとする病気のリスク判定が高いと分かったとしてもそれはあくまで限定的な可能性であり、必ずしも病気が発症するわけではありません。

むしろ病気が発症する際の遺伝的な要因は3割程度で、残りの7割程度は環境的な要因が占めると言われます。

ですので、ジーンライフを始めとする遺伝子検査キットを使って病気の発症が高いというリスク判定を受けた場合でもあまり気にしすぎる必要はありません。

「1つの可能性としてそういう結果になっているんだな」というくらいに受け止めて、今の自分の生活環境などの改善や予防に努めることが重要となります。

今の解析技術では日本人の平均より上か下かがわかる程度

遺伝子検査というと自分の将来かかる病気を100%当てられてしまいそうな間違ったイメージを持った人もまだまだたくさんいらっしゃいます。

ですが、今の遺伝子検査の技術ではせいぜい日本人の平均よりも上か下かがわかる程度の解析技術でしかないそうです。

ですので、あまり検査結果に一喜一憂することも過剰に不安がる必要もありません。

検査結果はあくまで可能性の1つであると割り切って、参考にしながら今の自分の生活改善のきっかけにすることが大切なのです。

ジェネシスヘルスケア社ってどんな会社なの?

今回、私が受けた遺伝子検査キットの「ジーンライフジェネシス」はジェネシスヘルスケア社という日本では唯一の遺伝子解析を専門に行う会社が提供しているサービスの1つです。

日本で52万人以上の遺伝子を解析している実績数NO.1の会社で、国内(千葉)に自社の解析研究所を持つことから他社の解析も受託しており国内の遺伝子検査のマーケットのシェアは約70%以上あるそうです。

ですので、最近多くの遺伝子検査キットが発売されていますが、蓋を開けてみると全部ジェネシスヘルスケアが解析している、なんてことも普通にあり得ます^^;

また、個人向けの遺伝子検査だけではなく、医療機関向けの遺伝子検査サービスも提供しており、総合遺伝子検査会社として事業を拡大しています。

その他にも、遺伝子検査専門のクリニック「ジェネシスメディカルクリニック六本木」と提携しており、遺伝子検査による検査結果から医師によるカウンセリングや個別の医療プログラムなども提案してもらえます。

気になる個人情報の保護・安全性についても、経済産業省のガイドラインを守ることはもちろん、2016年6月にはNPO法人の個人遺伝情報取扱協議会が定める「CPIGI認定」も取得しています。

「どうせ遺伝子検査を受けてみるなら国内で1番大きい会社がいい」というような方にはジーンライフは最適ですね。

 

ジーンライフジェネシス遺伝子検査キットの口コミや評判はどう?

30代男性

幅広く色々な検査結果がわかっていいですね。病気だけじゃなくて体質とかもわかるから色々な人におすすめだと思います。思ったより検査項目も多くて個人的には満足です。寿命とか、がんの傾向などは検査結果を見るのにドキドキしましたし、ちょっと凹む内容もあったけど、結果的には知ることが出来て良かったなと思っています。

30代女性

以前、別の遺伝子博士という遺伝子検査をしたことがあったのですが、今回は口コミが良くて気になっていたジェネシスさんのジーンライフをやってみました。検査結果の内容も満足ですが、個人的にはマイセルフが面白くてさすがに遺伝子検査キットのパイオニアだなと思いました。今後は子供の遺伝子検査ができるようになると親としては興味深いですね。

40代夫婦

夫婦でジーンライフの遺伝子検査をやってみました。私(夫)が40歳を超えて生活習慣病のリスクも高くなってくる頃かと思い、夫婦で将来の健康の為にやってみたいと思ったのがきっかけです。結果としては「私ってこういう遺伝子の傾向があるんだ」と興味深く検査結果をみました。当たってるのもあれば、意外な結果もあって色々ですね。やる前はちょっと怖かったですが、やってみてからは結果の内容を踏まえて体調にも気を使うようになったので、前向きにとらえる人が多いのではないでしょうか。

ジーンライフジェネシスを使ってわかったメリットとデメリット

では、実際に私が今回、ジーンライフジェネシスを使って感じたメリットとデメリットを挙げてみたいと思います。

まずは、ジーンライフジェネシスを使ってみて感じたメリットですが、

病気や体質などかなり細かい検査の項目までリスク判定が出る

  • リスクが高い病気や自分の体質を知ることで今後の生活習慣の改善や予防が可能
  • 検査がすごく簡単
  • 基本的に一生に一回しかやる必要がない
  • 人間ドッグよりもはるかに安い
  • 検査結果の根拠となる論文や研究の発展によりその根拠が検査結果にも随時反映され更新される
  • 国内の遺伝子検査のシェアNO.1という安心感
  • ダイエットや肌質、メタボなど特定のジャンルの商品が充実している

 

といったところでしょうか。

遺伝子検査と聞くと何だかちょっと怖い気もしますが、実際には唾液を採取するだけで簡単にかつ数多くの検査項目の結果を知ることが出来ます。

その検査結果を基に未然にリスクを予防するための生活習慣の改善に役立てていけることが出来れば、人間ドッグなどの前に一度やっておくのは非常に有効な方法です。

また、肥満タイプや肌質タイプもわかるので、闇雲なダイエットや間違ったスキンケアを防ぐことが出来て、効率よい正しいダイエットや美容効果を得られることも可能です。

基本的には一生に一回しかやる必要がないので、値段はそれなりにしますがやっておいても損はないでしょう。

では、逆にジーンライフジェネシスのデメリットですが、

  • ジーンライフジェネシスは「性格」の検査項目がない
  • 検査結果の閲覧が3年
  • 検査項目によっては予防や対策の解説が薄い
  • 参考文献や遺伝子情報など一般の人は解説を読んでも意味がわからない
  • 信憑性が微妙な検査項目も多少含まれる

 

といったところでしょうか。

ジーンライフジェネシスについての検査項目の信憑性に関してはまだまだこれから解析技術が進めばどんどん良くなっていくでしょうが、現状ではまだ不十分な点があるのは否めないです(ジーンライフに限らず国内の全ての遺伝子検査において)。

個人的にジーンライフジェネシスの1番のデメリットだなと感じるのは検査結果の閲覧期間に期限があることです。

以前、受けたDeNAの「マイコード」は無期限で閲覧可能(随時、検査結果は更新)でしたので本当に一生に一回受ければOKという感じがしましたが、ジーンライフに関しては紙などに保存しないと一生は確認できないのが不便ですね。

有料会員登録との差別化を図っているのかもしれませんが、これは改善してほしいですね。

 

今回、ジーンライフジェネシスをやってみて変わった心境や生活の変化は?

遺伝子検査 変化

今回、ジーンライフジェネシスを受けてみて、私自身変わった心境や生活の変化といえば、やはり食生活に気を付けるようになりました。

肥満タイプで「洋なし型」と判定され、脂質の代謝が弱いタイプということでしたので、油を使った料理を出来るだけ控えるように気を付けています。

肥満タイプの判定に関してはすごく心当たりがあって、幼いころから炭水化物はあまり食べずに揚げ物や炒め物が大好きでよく食べていました。

その食の好みは40代に入った今でもあまり変わっていませんので、注意しなくてはいけないなと強く思っています。

肥満は万病の元ですからね。

その他にも以前受けた遺伝子検査のDeNAの「マイコード」とリスク判定が重複している疾患に関しては信憑性がある程度高いという判断で、対策を参考に予防していきたいです。

そういった意味ではジーンライフジェネシスなど遺伝子検査をやることは生活改善のきっかけになり得たので非常にやってみる価値があったなと思っています。

まとめ~遺伝子検査は一生に一回。やってみても損はない

まさぽん

僕自身はDeNA社の「マイコード」以来、2回目の遺伝子検査キットでした。

ジーンライフジェネシスは、やり方自体は唾液を採取するだけで非常に簡単、かつ迅速に検査結果も得られてその点に関しては満足しています。

検査結果に関しては多少「?」となる微妙な結果もありますが、概ね「やっぱりな」と感じる項目の方が多かったです。

特にマイコードと重複した検査結果には注意して予防していく必要があるなと感じています。

ただ、マイコードにしろジーンライフにしろ検査結果でリスク判定が高い項目に対する「予防と対策」をもっと解説やサービスを厚くしてほしいなと個人的には思います。

いかがでしたか?

今回はジェネシスヘルスケア社の遺伝子検査キット「ジーンライフ」シリーズの「ジーンライフジェネシス」を実際に購入して検査してみました。

ジーンライフジェネシスは、検査そのものは本当に簡単ですし、検査結果項目もかなり多岐に渡って検査結果が得られます。

そのことに対しては非常に満足はしていますが、項目によっては信憑性が微妙なものやリスク判定が高い項目に対しての予防や対策についての解説が若干薄い感じはしました(ジーンライフに限らず他の遺伝子検査キットにも言えますが)。

とはいえ、遺伝子検査キットが私たち一般の人の間にも普及してきたのは最近ですから、これからどんどん解析の精度も上がるでしょうし、サービス面も良くなっていくのでしょう。

その点を考えると解析結果が更新されることはすごくいいことではありますが、閲覧期間を無制限にして欲しいなという希望はありますね。

自分としては今回得られた検査結果を基にいかに生活習慣を改善して予防していくかが大事だと思っています。

また、個人的には最近、DeNA社の「マイコード」もやってみた結果があるので、重複するリスク判定の高い項目は特に意識して予防していきたいですね。

遺伝子検査は一生に一回やれば後はやる必要がないので(基本的に検査結果は変わらない)、値段は安くはないですが、自分の為にも家族のためにも少しでも健康で長生きしたい方は1度やってみても損はない思います。

 




\ SNSでシェアしよう! /

家族のミカタ|平凡な夫婦が日常の「どうして?」を考える雑記ブログの注目記事を受け取ろう

ジーンライフジェネシス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

家族のミカタ|平凡な夫婦が日常の「どうして?」を考える雑記ブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

登場人物紹介 登場人物一覧

まさぽん

まさぽん

年齢:1977年生まれ
 職業:フリーランス
 性格:人に厳しく、自分に甘い。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 会社を当日に家庭の事情で休む理由15選~体調不良以外の急用でサボる!

  • 海に散骨する費用の平均相場は?自分でやるor代行業者に任せる場合

  • 風邪を引いている人にかける言葉10選~友達・彼氏彼女・目上の人別に紹介

  • 腸腰筋を寝ながらストレッチする方法3選~高齢者でも簡単ながらでOK

合わせて読みたい関連記事

  • 舌の歯型は病気のサイン!?原因別で7つの改善方法を紹介

  • 赤血球が少ない原因と怖い病気とは?男性は特に要注意!

  • タナ(棚)障害の手術をした体験談~費用や入院期間、リハビリなどの感想

  • 低体温サプリでおすすめはどれ?私が低体温を改善した10の方法

  • 母が肺がん3a手術後、1年半で再発。治療方法や余命は?分子標的治療薬とは

  • レバリズム-Lは効果なし?お試しで実際に購入して飲んでみた体験談